日本人が知らない「アボカド」生産農家の悲哀

アメリカでアボカド価格急騰のワケ

アメリカを中心に消費量が伸びているアボカド。が、メキシコの生産農家はそのせいで新たな危険に直面しているようだ(写真:Hajakely/iStock)

アメリカの食卓に今や欠かすことができなくなっているのが、「グリーンゴールド」とも「森のバター」とも呼ばれているアボカドである。そのアボカドの価格がアメリカ市場で4月上旬に一時的ではあるが急騰した。最高、一週間で前週比44%も上昇。1年前は1箱25ポンド(約11キロ)38ドルだったのが、3月下旬に同42ドルとなり、4月初旬には、同60ドルに急騰したのだ。

その値上がりの要因は単純だ。中米からアメリカに移民を志している人たちが後を絶つことなく北上し、それを遮るべきメキシコが協力してくれないという理由で、トランプ大統領はメキシコとの国境を封鎖する意向であることを表明したからである。国境が封鎖されれば、アメリカ人に欠かすことのできないアボカドがメキシコから輸入できなくなるという不安から価格が急騰したのだ。

輸入が全面解禁されたのは2007年

目下、アメリカで消費されているアボカドの75~80%はメキシコ産が占めている。アボカド以外にも、トマトやタマネギ、ピーマン、カボチャ、唐辛子、キュウリなどアメリカがメキシコからの輸入に頼っている食品は少なくないが、アメリカ人にとっては最も関心があるのはアボカドのようだ。

今やアメリカで欠かすことができなくなっているハス品種のメキシコ産アボカドが、アメリカに浸透したのは意外にも比較的最近からである。1914年から1997年まで輸入が禁止されており、解禁となったものの最初は19州のみ輸入していた。大半の州で輸入できるようになったのは、2005年になってからだ(全面解禁は2007年)。

そこからアボカドの輸入が急増。当初、メキシコからの輸出が許されていたのは60の生産業者と、梱包出荷体制を備えている5社の輸出業者のみだったが、それが今では2000社の生産業者と47社の輸出業者の手に委ねられるようになっている。

輸入が禁止されていた理由は、アボカドに付着する可能性のある害虫が、アメリカ産の柑橘類の果物に付着して害を及ぼすようになることをアメリカの植物検疫が恐れたことにある。とくに、それを理由にアボカドの輸入解禁に最後まで反対したのはカリフォルニア州だった。同州はアボカドはじめ、柑橘類の栽培が盛んで害虫の蔓延を恐れると同時に、安価なメキシコ産アボカドがアメリカ市場に入ればカリフォルニア産アボカドが市場を奪われると懸念していたのだ。

アメリカ市場で販売されるようになったメキシコ産アボカドが、短期間でアメリカ市場を席捲するようになったのはなぜか。それは、アメリカに在住している3500万人ともいわれているメキシコ人移民がアボカドで作るクリーム状のソースをアメリカに広めたことが大きい。このソースは、「ワカモレ(Guacamole)」と呼ばれるメキシコ料理の定番で、トルティーヤチップスや野菜などにつけて食べることが多い。

次ページ日本はメキシコにとって第3位のアボカド輸入国
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 内田衛の日々是投資
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。