全国制覇のコメダ、地元名古屋での愛され方

「コーヒーを進化」させないと将来が厳しい

松風店が預かる、常連客の「コーヒーチケット」(筆者撮影)

「この店の8割ぐらいは常連客です。今の時間は、近所の人がモーニングをとりに来店する。今日はもう少しするとグループ客が来る日。ほとんどの人が顔なじみだね」

作業をしながら話す達也さんに、飲食を作る博子さんが「これはバターなしだから××さん(常連客)のトーストね」と声をかける。名古屋喫茶らしいのが、常連客の「コーヒーチケット」(回数券型の割引券)をボトルキープのように預かることだ。

コメダの成長要因の1つは、この“ご近所ぶり”だ。朝のモーニングサービス時間帯は、常連客が「いつもの」と注文すれば、無料でつくトーストを「Aさんはバター少なめ」「Bさんは耳切り(パンの耳を切る)」「Cさんはよく焼き」(少しこんがり焼く)というように常連客の好みで提供する。口を開かず、表情で注文するお客もいる。

「交通安全活動」参加後に立ち寄る

学生アルバイトの多い別の加盟店では、プレートの両側に、こうした注文パターンを20種類ほど用意する店もある。カウンターの中で飲食を準備する店員、外で接客する店員の双方が理解できる仕組みで、女性店主の発案だ。この店では、ゆで卵もバラ売りする。

名古屋では、会社や自宅にお客が来ると「喫茶店に行こうか」と連れ出すことが多い。この連れ出し文化に応え続けたことで、「コメダに行こうか」の存在となった。

「今日は『ゼロの日』なので、終わった後にココに来ました。私はまだ通い始めて10年ぐらいだけど、この人は長いのよ」

松風店に自転車で来た女性客2人(70代)は、穏やかな表情で話す。「ゼロの日」とは、名古屋市が行う「交通事故死ゼロを目指す日」のことで、ボランティアで活動を続けているそうだ。地域活動の終了後に自転車で訪れる姿に、ご近所ぶりが表れていた。

次ページ独自メニューを持つ「現存最古のコメダ」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT