29歳のパラ卓球選手が伝えたい「諦めないこと」

パラメッセンジャーになった金子和也選手

1月24日、日本財団ビルで講演のリハーサルを行った金子和也選手(中央奥)(筆者撮影)

講師であるアクセンチュアのテクノロジー コンサルティング本部 ITアウトソーシングデリバリー グループ マネジング・ディレクターの金子達明氏は「中学生向けにわかりやすいストーリー」への改善を促した。

本番の聴講者は、全員が神奈川大学附属中の中学生。趣旨が納得でき、シンプルに伝えられる構成にすることで、聞き手はもちろん、講演する金子選手自身も「自分がいちばん伝えたいポイントを明確にする」ことができると、アクセンチュアの金子氏は話す。

パラアスリートからのメッセージは「人の心」を動かす

2月9日、講演が開かれた神奈川大学附属中の一室には、46人の中学1、2年生が集まった。そのうち8割が卓球部だった。

2月9日、神奈川大学附属中で講演をする金子和也選手(中央奥)(筆者撮影)

そして金子選手は、「本当になりたい自分を目標にすることが大切」をテーマに講演を開始。自己紹介からスタートし、自身の経歴を交えながらパラ卓球のルール・魅力について解説していった。

その姿は、2週間前のリハーサルのときとはまるで別人だった。

言葉に詰まることもなく、スムーズに講演を進行。時折、生徒たちに質問を投げかけてコミュニケーションを図るなど、さまざまな工夫があった。

自身は「50~60点」と講演の出来を採点したが、講師のアクセンチュアの金子氏は「細かい修正点はあるものの、全体的にはよかった」と合格点。パラスポーツメッセンジャーとして好スタートを切った。

最後には、自分の可能性を否定せず、信じることの大切さについて、こう説いた。

「実は、6歳に手術した後、担当医から“歩けなくなるだろう”と言われていたんです。正直、一度は諦めかけました。でも僕は『絶対に歩ける』と自分を信じることにしたんです。必死にリハビリして、効果があるかわからないようなこともたくさんしました。その結果、補装具と杖は必要ですが、歩けるまでに回復することができたんです。担当医には“奇跡的な回復だ”と言われましたね(笑)。

でもその瞬間、僕はこう思いました。『信じて努力し続ければ奇跡は起こせるんだ』と。もし、あの時点で歩くことを諦めていたら、中学で卓球に出会わなかったら、今の自分はいません。だからみなさんには、妥協せず、本当になりたい自分を目標に設定して前に進んでほしいなと思います」

次ページ金子選手が伝えたかったこと
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT