39歳で現役復帰したバスケ元日本代表の覚悟

渡邉拓馬が「3×3」で東京五輪を目指す理由

8月5日の試合で公式戦出場を果たした渡邉拓馬(筆者撮影)

「久しぶりに試合をして、“これだ〜!”っていう感覚はありましたね。最初は不安でしたが、初戦でスムーズに入れたので、なんとか1日持ち堪えられた。チームメイトにも助けられましたし、何よりこの公式戦での緊張感が、本当に懐かしかったです」

8月5日に東京都・大森ベルポート(品川区)で開催された3人制バスケットボール3×3(スリーバイスリー)のプロリーグ「3x3.EXE PREMIER 2018」関東北カンファレンス・ROUND6にて、東京都立川市を拠点とする3人制チーム「立川ダイス」が今季で4度目の優勝。この日、デビュー戦を飾った同チームの元バスケットボール日本代表の渡邉拓馬は、試合直後に安心しきった表情でこう話した。

4度目の優勝を果たした立川ダイス(筆者撮影)

同競技は、2020年東京オリンピック・パラリンピックの新種目にも採用されているため、より一層注目度が高まっているスポーツのひとつ。

3x3.EXE PREMIERは2014年に創設され、当初は1カンファレンス7チームだったが、年々参加チームが増加。男子の2018シーズンには6カンファレンス、全36チームにまでとなった(女子は1カンファレンス6チーム)。

シーズン最終戦は8月25日(=ダイバーシティ東京プラザ)に行われ渡邉も出場、9月16日に行われる日本一決定戦のファイナル進出を決めている。

3x3はボールのサイズも違えば、ファウルに対する審判の基準も異なるなど、同じバスケットでも大きく違う。

かつて5人制バスケで日の丸を背負い、2015-16シーズンを最後にユニホームを脱いだ渡邉は、なぜそんな“異競技”とも言える3人制の舞台で再びコートに戻ることを決めたのか。

そして、今年で40歳を迎える中で、なぜ復帰を決意したのか。

バスケ一筋で駆け抜けた競技人生

渡邉は、幼少期からバスケットボールの環境に囲まれて育った。両親ともに地元の実業団でプレーし、引退後もミニバスのコーチを務めている。2人の姉もバスケに励み、2番目の姉・貴子は愛知県の名門・名古屋短大付属高(現在は桜花学園)で全国制覇を経験し、大学時代には福岡ユニバーシアード女子日本代表として銅メダルに輝いた。

今年5月にインタビューに応じた渡邉拓馬(筆者撮影)

そんなバスケ一家である家族に影響され、自身も同じ競技の道を志した渡邉。地元の福島県・福島工業高の3年時には、ウインターカップ準優勝の成績を残し、大会得点王に。

さらに、当時高校1年生の田臥勇太(リンク栃木ブレックス)擁する能代工業との決勝戦は、当時のバスケ界を知っている人から「あの試合はすごかったね!」と今でも言われるほど、記憶に残る伝説の一戦となっている。

次ページ大学進学以降も活躍した渡邉
関連記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • 発達障害者と働く時代
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
買って良い街 悪い街

家は人生最大の買い物。購入後の大幅値下がりは後悔のもと。3大都市圏の割安な駅ランキング、519市区の「街の偏差値」を掲載。住宅情報誌ではわからない、後悔しない住まい選び。