39歳で現役復帰したバスケ元日本代表の覚悟

渡邉拓馬が「3×3」で東京五輪を目指す理由

その後、進学した拓殖大学でも、関東大学1部リーグで4年連続で得点王を獲得。加えて、大学バスケ最高峰の舞台であるインカレでも、3年時に準優勝を果たすなど数々の輝かしい戦績を残した。

プロでも活躍できるという自信をつかんだ渡邉は、卒業後の2001年にトップリーグのトヨタ自動車アルバルク東京(現・アルバルク東京)に入団。スーパールーキーとしてすぐさま主力に定着すると、2001-02シーズンのリーグ初優勝に貢献し、自身も新人王のタイトルを手にした。

日本代表にも選ばれ、アジア選手権や東アジア競技大会などに出場。バスケットプレイヤーとして、つねに第一線を走り続けた。

だが、32歳を迎える2010年。突然、燃え尽きたような感覚に陥った。いわゆる「燃え尽き症候群」と呼ばれる状態だろう。トヨタ自動車アルバルク東京の時代に計6度の優勝を経験し、バスケを続けるにあたって、これ以上モチベーションが上がらなくなった。

ただ渡邉は、当時チームが低迷期だったこともあり、「ここで終わるのはちょっと違う」と、その責任感からすぐに引退という決断には至らなかった。

その後、2012-14シーズンには日立サンロッカーズ(現・サンロッカーズ渋谷)に移籍し、2014-15シーズンからはアースフレンズ東京Zという現在Bリーグ2部(B2)のチームでプレー。そして古巣への復帰が決まった2015年、ここで骨を埋めることを決めた。

引退後は「現場とフロントのパイプ役」に

2015-16シーズンを最後にユニホームを脱いだ渡邉。セカンドキャリアとして選んだのは、やはりバスケだった。引退を決めるタイミングで、アルバルク東京の上層部からフロント入りを打診された。翌シーズンから始まるBリーグへの出場意欲もすでになかったという。

5日の試合でドリブルをする渡邉拓馬(筆者撮影)

「なんの迷いもありませんでしたね。言っていただいた瞬間、すぐに引き受けることを決断しました。

翌シーズンからBリーグが開幕することは知っていましたが、もうボールにも触りたくないくらいバスケをやり切っていたので。実際に開幕戦を観ても羨ましいという感情はなかったです(笑)」

それから“アルバルク東京GM補佐兼アカデミー統括”という肩書きで、セカンドキャリアをスタート。主に心がけていたのは、「現場とフロントのパイプ役になること」だと渡邉は話す。

次ページ渡邉がパイプ役として果たした役目
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
  • テレビのミカタ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT