「流行の服を着る女性」が仕事でナメられる理由

信頼を上げる服、下げる服を知っていますか

あなたはビジネスの場にふさわしい服を選べていますか?(写真:Pangaea/PIXTA)

キャリア女性にあった服装とは?

「できそう」「品がある」「格が違う」――。仕事上などで初めて会った人に、「この人、何かが違う」と一見して感じたことはありませんか?経営者や役員・事業部長クラスといった社会的ポジションの高い人に、そんな“オーラ”を感じたことがある人も多いかもしれません。

「社会的な地位、職位、社格、専門性にふさわしい存在感」を、エグゼククティブ・プレゼンスといいます。

「外見は中身を表す」「信頼や期待を勝ち取る見せ方の巧さも実力のうち」とする欧米では、「上に立つ人に必須要件」として知られ、昇進・抜擢のときの判断基準ともなります。中身を重視する傾向の強い日本でも数年前から知られ始め、外資系企業を中心に選抜幹部向けの研修などに積極的に取り入れる企業も多くなってきています。

経営トップや管理職だけでなく「これからステージを上げたい」という一般ビジネスパーソン、さらにキャリア女性たちの関心が高まっています。「役職や役割にふさわしい振る舞いや印象を身につけたい」「いまひとつ軽んじられているようで悩んでいるので自分を変えたい」。そう考える女性が増えているのです。

エグゼクティブ・プレゼンスには「印象コントロール(外見)」「コミュニケーション」「自己設計」という要素が欠かせません。ただし、まず意識すべきはやはり「印象コントロール(外見)」の部分でしょう。人を判断しようとするとき、まず目に入るのが外側だからです。

とくに、これから「エグゼクティブ・プレゼンス」を身につけていきたい、と考える女性には、その服装の選び方に関してお伝えしたいことがあります。

次ページ女性ファッション誌を鵜呑みしてはいけない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。