GW10連休の消費押し上げ効果を試算してみた

約半数の人は、10連休が「うれしくない」のだ

旅行で出費が増えれば、他では節約も(写真: jsenan / PIXTA)

他の消費を抑制して全体では「無相関」に

2000年以降のGW期間中(4月25日~5月8日)の暦上の最大連休数(2017年は5日間、2018年は4日間など)と各種消費額の相関をとると、「一般外食」「宿泊料」「国内パック旅行費」の消費額との相関が高いことが分かった。

「海外パック旅行費」については、連休効果よりも為替や海外におけるテロの頻発度合などの国際情勢の影響が大きいとみられ、相関はほとんどないことが分かる。

また、消費支出全体の連休数との関係はほとんど無相関である。多くの家計が「一般外食」や「宿泊費」などの項目の支出を増やす一方で、それ以外の項目についてはむしろ消費を抑制し、トータルでは無相関となっているようだ。GDP統計などのマクロ統計への10連休の効果は限定的だと考えられる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT