人生観すら変わる「アフリカ海外研修」のリアル

日本と大きく異なる環境だからこそ行く価値

ウガンダで農作業をする子どもたち(写真:NPO法人ICYEジャパン提供)

問題意識を持ちつつ日本の生活に復帰していく中で、海外の社会問題もわが事として考えられるようになるのかもしれません。

ちょうど先日タンザニアから帰国した学生Aさんも、3つ目の何もできない自分に気づいて帰国したそうです。

貧富の差の激しさや障がいがあって親がいない子どもたちなどのリアルを現場で毎日居合わせていく中で、何も現状を変えることができない自分と葛藤する日々を過ごしたうえ、帰国に至りました。

ただそういったAさんのような参加者も、時間を経て自分なりの結論にたどり着くそうで、「アフリカは日本とはまったく違う」「自分の普通は普通じゃない」ということを心から実感できるということだけでも行く意味があるのではないでしょうか。

こんな学生の感想もあります。

「ボランティアとしてここに来て、彼らに何を残すことができるのだろうかと毎日悩み、ただ、子どもたちを少しでも楽しませ、喜ばせることができたら、という思いだけで全力で過ごした日々でした」(京都大学、1カ月、男性)

アフリカでしか味わえない経験も魅力

今回、アフリカにおける実践活動の話を聞いて感じたのは、日本と大きく異なる環境だからこそ、行く価値があるということ。

そして、アフリカにおいては、海外インターンシップと海外ボランティアはまったく考え方やアプローチが異なるため、注意が必要です。

【2019年4月3日12時30分追記】初出時、お話を聞いた方の学生時代の経験に事実と異なる部分があったため、下記のように修正しました。

お話を聞いた古田氏、又吉氏ともに学生時代の発展途上国での経験がもとで、現在の仕事に就いているということ。

「アフリカは一言で語れない、まだまだ知りたいことがあり好奇心がどんどん出てくる」(古田氏)

「アフリカを知って以来、ぼーっと生きるということがなくなった」(又吉氏)

という2人の言葉が示すようにアフリカ海外研修では、ほかの地域では味わうことができない体験ができるといえるでしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT