ピース・綾部の米国進出が無謀ではない理由

芸能人の留学が社会人に応用できる点は?

ニューヨークのタイムズスクエア。ピースの綾部さんは10月からニューヨークにいます(写真:tomcat/PIXTAピクスタ)

10月11日、お笑い芸人のピース・綾部祐二さんが、米ニューヨークへ旅立ちました。2016年に記者会見を行い、2017年4月からニューヨークに活動の拠点を移すことを発表していましたが、半年遅れての旅立ちです。綾部さんだけでなく、女優やアイドルグループのメンバーなど芸能人が留学をするという話題を目にする機会も多くなりました。留学の後、復帰し飛躍する芸能人も数多くいます。

お笑い芸人ピース・綾部さんの留学の場合

綾部さんは今年4月に渡米し、5月にはニューヨークのイベントで初仕事をこなしていました。その後、一時帰国。ビザの取得に時間がかかっていることが伝えられていました。予定していたより出発の時期が先送りになってしまうということは綾部さんに限らず一般人の留学でもありがちです。ビザの取得も含めて事前準備は念入りにしておく必要があります。

メディアによる報道を知った一般の方々の反応を見るかぎり、今回の綾部さんの選択が無謀な挑戦に感じる人が多いようです。

綾部さんが取得したビザは著名なアーティストなどに与えられる「O(オー)ビザ」と呼ばれるものです。Oビザは科学や芸術、スポーツ、ビジネスなどの分野で「卓越した業績を残している」人に対して発給される特別なビザといわれています。就学ビザなどとは違い、より現地での長期的な芸能活動に目的を絞って渡米されたということになります。

しかし、彼の米国挑戦を筆者はけっこう理にかなったやり方と考えています。日本でのキャリアをリセットしてほとんどコネのない海外でチャレンジしていることが特徴です。綾部さんの挑戦が一般のビジネスマンにも応用できる点としては、自身の専門性(得意分野)を把握して、そのスペシャリスト(専門家)として実績を積み上げていくことといえます。これはグローバルビジネスの分野では成功の方程式に沿ったやり方です。そうすることで海外では、第一人者としてキャリアの評価によりつながってきます。

背景には日本と欧米のキャリアに対する考え方の違いが大きくあります。日本では、まだ安定志向のほうが根強いことは事実でしょう。そのため、ひとつの安定した職業やポジションを磐石にしようと執着する人が多いと筆者も日々留学の相談を受けていて感じています。

ただ、忘れていけないのはそこに至るまでにネイティブに伝わるレベルの英語力が必要不可欠ですし、異文化を理解しておくことも大切です。

一般的に専門留学とは、語学だけでなく海外の高等教育機関などで特定の技術や知識について学ぶことを指し、就職や転職の前にスキルアップを目指して参加する方が多いです。今回の綾部さんの場合は、(インプット型の)専門留学というより、(アウトプット型の)専門キャリアアップ留学とでもいうべき留学スタイルです。すでに日本でエンターテイナーとして実績を残していることを前提として、さらに米国で活躍することを目的にしているのです。

次ページ専門留学だけでない選択肢もある
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT