ジョブズが部下を「クソ」と罵った深すぎるワケ

最強企業の秘密は「キツイ」マネジメント

故スティーブ・ジョブズは驚きの方法で、部下たちと「正解」を導き出していました(写真:fizkes/iStock)
アップルの創業者、故スティーブ・ジョブズは伝説的経営者として今も多くのビジネスパーソンから愛されている一方、気性の激しさを物語るエピソードにも事欠かない。だが、ジョブズの苛烈なマネジメントスタイルには、それを採用する深いわけがあった。
アップルやグーグルの管理職研修プログラムの開発に携わったキム・スコットの書籍『GEAT BOSS シリコンバレー式ずけずけ言う力』から、そのエピソードを紹介する。

「クソ」の正体は何か?

「お前の仕事はクソだ」

『GREAT BOSS』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

こんなの、普通は口に出していいことじゃない。

いじめのようにもとれるし、「クソ」なんて言われて相手との信頼が築けるとは思えない。

だが、この言葉をたびたび口にし、世界最強企業を作った経営者がいる。スティーブ・ジョブズだ。

テクノロジージャーナリストのボブ・クリングリーは、スティーブ・ジョブズのドキュメンタリーの中で、ジョブズにこの言葉の意味を聞いたことがある。

クリングリー:「お前の仕事はクソ」だって言うのはどういう意味かな?
ジョブズ:普通は、仕事がクソだって意味。たまに、「その仕事がクソだって僕は思う。でも……僕が正しいとは限らない」って意味のこともある。

インタビューの後半で、ジョブズはその言葉の真意を説明した。

次ページインテルの伝説のCEOが唸ったジョブズのやり方
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT