無駄学 西成活裕著

無駄学 西成活裕著

無駄を論じた書物というのはありそうでなかっただけに誰もが引き込まれる。

「無駄、むだ、ムダ」に分けて無駄を定義したうえで、無駄に定量的に接近しようとするなど、開拓者としての苦労がしのばれる内容である(数値化、数式化まではいっていない)。

中核をなすのは無駄という視点からみたトヨタ生産方式で、多くの経営書やノウハウ本とは違った説得力がある。山田日登志氏による無駄取り最前線の紹介も明快で、生産現場での無駄の排除を通じた物づくり日本の競争力を理解するうえでも役に立つ。そして社会、家庭の無駄へと進んでいくのだが、このあたりの著述はやや常識的で今後の深化が待たれるところだ。

時間、労働力、スペース、資源、エネルギーなど確かに世間は無駄だらけだが、注意書きの無駄、過保護などと対象を広げすぎの感もある。であれば逆に無駄の効用も議論してはと言いたくなった。ともあれ続編が楽しみな快著である。(純)

新潮選書 1050円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT