お堅いブラザーが、恋愛ゲームを作ったワケ 「恋する!brotherくん」の真意をブラザーに直撃取材

拡大
縮小

目標比4倍のページビュー、海外からの反響も

これ以上はネタバレになってしまうので、ご自身で体験してほしい。ちなみに物語の後半では重要な役割を果たすもう一人の人物、ブラ男の父親「父ブラ」も登場する。ネットではこの突っ込みどころの多いコンテンツと、それを唐突に公開したブラザーに対する喜びや驚き、中には困惑(?)の声が相次いだ。

「ブラザー工業ワロタwww」

「誰得なの?」「くそうっ、、笑」

「えっと……ごめん。わけがわからないよw」

「つい読んでしまった。カラープリンター欲しい。」

「ちょうどブラザーが紙詰まりしてイラついてるときに読んで、ちょっとだけほっこりしたよ!ちょっとだけな!」

さらにブラザーの元社員と思しきツイッターユーザーも反応。

「昔、brotherのデザイン室に勤めていたんですが、こんなエキセントリックなゲームを作る所だとは思っていませんでした」

こうした声についてブラザーの担当者に率直な感想を聞いた。「予想以上の反響。この企画を通じてより多くの方にブラザーおよび製品について知っていただければと考えている」という。こうしたユーザーからの反応はある程度狙っていたということだろう。

だが、社内で反対は起きなかったのか。「確かに今までのブラザーのイメージとは違うイメージであったが、ブラザー認知度向上・製品拡販には有効と考え、社内調整を行った」(ブラザー担当者)。

続いて、コンテンツの真意を聞いた。まず、この目的は登場する複合機の認知向上、拡販。主なターゲットは、インターネット、特にソーシャルメディアユーザー。公開前の目標については、「以前、NTTレゾナントさんにおける販促のキャンペーン(gooスマホ部のレーザー製品商品レビュー)を行った際、ページビューが期間約1ヶ月で約5000PV。今回はそれを上回る結果を目指した。通常ウェブでキャンペーンを行う際は、約1万PVを目標としている」とした。

その結果、「今回のキャンペーンを12月13日から開始したが、(12月17日午後7時の時点で)すでに約4万PVを達成。ニュース記事や海外からの反応もあり、予想以上の反響。ブラザーに注目が集まるようなコメントを多くいただいている」という。

なぜ恋愛シミュレーションゲームなのか、という問いに対しては「ブラザーは現在、インクジェットプリンター業界における確固たる第3の選択肢になることを目指しており、認知度アップ・拡販のためのチャレンジングな施策を各ターゲットに合わせて行っている中での施策の一つ。本企画は、ウェブでの売上をどのように上げるかという観点でスタートしている。『恋愛ゲーム』は手法であり、製品をより分かり易く理解してもらうことを目的とした結果である」という。

なお、このゲームの今後の展開については、「現時点でお話しできるものはない」とのこと。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT