シングルマザーへの偏見が建設的でない理由

データを見ればやるべきことは決まっている

「シングルマザーの貧困」といっても問題はいろいろ。「根深い問題」を解決するためには何が必要なのか(写真: horiphoto/PIXTA)

「シングルマザーの貧困」については多くの読者の関心が高いようだ。筆者も過去に記事にしたところ、かなり多くの反響をもらったことがある。

実際には筆者には子どもはいるものの、男性であり、かつ離婚していないので、当事者の立場からの記事を書けない。ただ公的なデータを基に実情を淡々と分析したことで逆に「新鮮に映った」という感想も多かった。そこで今回はより具体的に考察していきたい。

父子家庭と母子家庭で約2倍の収入格差があるのはなぜ?

わが家の3人の子どものうち、2人が女の子であるため、父という立場からも、「シングルマザーの貧困」問題は他人事ではないと思っている。 厚生労働省が発表した「2017年 人口動態統計」によれば、離婚率(人口1000人に対して)は1.7‰(パーミル、パーセントではない)なっている。3組に1組が離婚するという話をよく耳にすると思うが、実際はそこまでは多くない。それでも、自分の娘が将来シングルマザーにならないとは断言できない。

2017年にOECD(経済協力開発機構)が発表した『Educational Opportunity for All』によれば、ひとり親世帯で、なおかつ親が就業している場合の相対的貧困率(全国民の所得の中央値の半分を下回っている割合)は、日本が54.6%とOECD加盟国平均の21.3%を大幅に上回り、断トツで高い。さらに、日本では父子世帯と母子世帯を比較すると、シングルマザーの厳しさはさらに際立ってくる。

次ページ養育費問題がシングルマザーをさらに苦しくする
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT