33歳の妻を離婚に追いやった夫と義父の暴挙

女性蔑視の家庭で育った男はDVにも走った

33歳で離婚を決めた彼女。義父のひどい言動が引き金となりました(筆者撮影)
単純計算すると3組に1組の夫婦が離婚している日本。そこにいたるまでの理由は多種多様だ。そもそも1組の男女が、どこでどうすれ違い、離婚という選択肢を選んだのか。それを選択した一人ひとりの人生をピックアップする本連載の第3回。現代社会が抱える家族観や結婚観の揺らぎを追う。

「あの頃は若さもあって、正直なところ、結婚をなめてましたね。当時の夫がDVをやるようになるなんて想像もしていなかったし、何より夫の背後からあんなラスボスの『大魔王』が現れるなんて夢にも思っていなかったんです。今本当に離婚して良かったと心の底から思っています」

坂口麻美さん(仮名・現在36歳)は、勤務先に近い東京・銀座のカフェで、せきを切ったようにそう切り出した。

麻美さんが「大魔王」と形容するのは、どうやら元夫の父親、つまり義理の父のことらしい。麻美さんは、事あるごとに、この大魔王の存在に苦しめられた。

結婚生活は「地獄の日々」と振り返る

麻美さんは、同い年の川口和也(仮名・現在36歳)と26歳で結婚し、33歳で離婚。現在は、都内のWeb制作会社で、制作部の管理職として働きながら、シングルマザーとして小学生の娘の子育てに奮闘する日々だ。

この連載の一覧はこちら

栗色にしっかりと染まったセミロングの髪にウェーブのミディアムヘアは、シュシュで無造作に束ねている。飾らないラフないでたちが、逆に年齢よりもずっと若く見える。明るくバイタリティにあふれ、細やかな気遣いもできる、男女問わず、誰からも好かれるオーラの持ち主だ。

そんな麻美さんが「地獄の日々」と振り返る波乱万丈の結婚生活を追った。

麻美さんは、大学卒業後、教育関係の出版社の編集部に編集職として入社した。所属先の編集部は男性が多かったが、女性だからと言って特別扱いされることもなく、昼も夜もバリバリ働き、仕事はやりがいを感じていた。

毎週のように顔を見せる取引先の印刷会社の営業社員と、距離が縮まるまで時間はかからなかった。休日は取引先の会社と合同で、フットサル大会や飲み会が頻繁に行われ、そこで出会ったのが、取引先の営業の和也だった。和也は垢抜けなかったが、マジメで誠実そうな男だった。

次ページあまりに急ぎすぎた結婚
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT