33歳の妻を離婚に追いやった夫と義父の暴挙

女性蔑視の家庭で育った男はDVにも走った

「とにかくアタックが強かったんです。元夫とは大恋愛という感じじゃなくて、一緒にいると楽な人という感じでした。社会人になってから彼氏がいなかったので、このチャンスを逃したらいけないと思って付き合うことになり、向こうに押される形で、トントン拍子で結婚することになったんです。今思うと、あまりに急ぎすぎてどうかしていたと思うんですけど」

初対面で、嫁の心得を説く義父に唖然

付き合って、3カ月で結婚、そして、間を置かずに妊娠が発覚した。バタバタと結婚が決まったこともあり、和也の両親には、奇しくも結婚のあいさつが初対面となった。

和也の父は、元商社マン。初対面の麻美さんは、いすにふんぞりかえっている亭主関白な義父と、その後ろに隠れるようにして、おどおどした態度の義母の態度がやけに気になった。

結婚のあいさつが済むと、和也はのんきにも「このまま今日は、実家に泊まろうよ」と言い出した。ただでさえ、初対面の義理の両親との会話で緊張しているのに、麻美さんは、泊まるなんてもってのほかだと思った。

「いやだよ。気を遣うし、今日は帰りたい」。小声で押し問答が始まった。すると、それを聞いていた義父は突然「麻美、ちょっとこっちに来なさい!」と凄まじい剣幕で別室に麻美さんを呼び出した。

「まず、いきなり人の名前を呼び捨てって、『何なのこの人?』と思いましたね。うちの両親は、女性に対してそんな扱いをすることはないので、とにかく唖然としました。それで、いきなり『川口家の嫁たるもの、夫のいうことは絶対で、夫に逆らうことは許されない』と言われたんです。

もう信じられなかったですね。夫の名前の呼び方も改めろと、怒鳴られました。当時は、かずやん、と呼んでいたんですが、『みっともないと思わないのか! 自分の亭主なんだぞ!』と怒鳴られて、『すみません、和也くんにしますね』と言ったら、もっと怒られて、『さんづけしろ!』と言われてたんです。私は初対面のお義父さんにいきなり呼び捨てされてるのに、なんなの?とびっくりしました」

和也にその顛末を麻美さんが訴えると、和也は父親に立ち向かうどころか、いきなり「腹がいてぇ……」と言い始めてトイレに雲隠れした。居心地が悪そうに逃げ惑う和也の姿に、麻美さんは大きなショックを受けた。

当時は、妊娠初期。精神的にもナーバスになっていたこともあり、まったく予期していなかった義父の説教に、麻美さんは驚きのあまり、涙があふれてきた。悔しくて、惨めで、誰もいない物置に駆け込んで、一人で泣いた。

次ページ激しい後悔
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT