終わりを意識しながら、バブル相場に乗る法

アベノミクス相場は、まだまだ続く

有馬記念は、ステイゴールド産駒で臨む

有馬記念は一年の総決算的なイベントであり、豪華なメンバーがそろうドリーム・レースなのだが、レースとしてのレベルは必ずしも高くない不思議なGⅠだ。コーナーが多くて、やや短めの直線に急坂がある、中山競馬場の独特なコース形態に加えて、冬枯れの芝は力を要する一方でタイム的なスピード能力の要求水準を下げて意外な馬にチャンスを与えたりもする。向き不向きの出やすいレース条件だ。

加えて、一流オープン馬にとっては秋シーズンの最終戦なので、「余力」のありなしを中心とした調子の見極めが大切だ。

コースは、ステイゴールド産駒に向いている。京都や府中はディープインパクトなのかも知れないが、中山はステイゴールドがいい。

オルフェーヴル、ゴールドシップ、ナカヤマナイトの三頭は、何れも中山2500mに適合していよう。オルフェとゴールドは「気」で走るが使える足の短い場合が多い(ドリームジャーニーをイメージされたい)ステイゴールド産駒の欠点を、母父のメジロマックイーンのスピード持続力でカバーした血統構成だ。ナカヤマナイトは、戦績から2500mの距離が長いようにも見えるが、母系のカコイーシーズ(母父)、マルゼンスキーを見ると、中山なら十分こなしておかしくない。

能力の絶対値はオルフェーヴルかも知れないが、「余力」を加味すると、前走のジャパンカップで気の悪さを出して潔く大負けしたゴールドシップは着順からは買いにくいが、明らかに使い減りしていないので、こちらを本命に採ってみたい。

キズナの回避から見ても、今年の凱旋門賞はそれなり以上にタフなレースだったのではないか。まして、オルフェーヴルは明らかに凱旋門賞をピークに馬を作ったはずだ。対抗以下には落とせないし、完調で且つマジメに走られたら勝たれて文句を言えない馬なのだが、今回は、アタマもありうる対抗というくらいの扱いで買ってみたい。

単穴は、ナカヤマナイトなら血統予想として一貫性があるのだろうが、現実主義者である筆者は前走のジャパンカップで目覚めた感があり上り調子を感じさせるトーセンジョーダンを採る。有馬記念は、先行が有利なレースだ。

連下は、ナカヤマナイトにウィンバリアシオンでどうだろうか。

馬券的には、三連複をベースに手広く買って、アタマがゴールドシップの馬券(単勝、馬単等)を中心に「味付け」をして、気合いを込める。今年最後のGⅠを大いに楽しみたい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ネットで故人の声を聴け
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT