量的緩和縮小を読めなかった投資家たち

FRBは純粋に失業率とインフレに対峙しているだけ

「任期中、ベストを尽くした」。バーナンキ議長の顔には、そんな充実感も漂う(教育関係者との対話集会で、ロイター/アフロ)

米連邦準備理事会(FRB)は18日、連邦公開市場委員会(FOMC)後の声明で、債券購入額を月額で100億ドル減らして、計750億ドルにすると発表した。購入額は国債が400億ドル、エージェンシー発行モーゲージ債(MBS)は350億ドルとし、50億ドルずつ減額することとなった。

これは、投資家たちや市場関係者の予想に反したと言われている(2014年1月以降になると言われていた)が、それこそが大きな間違いだ。私自身は、今回縮小が始まると思っていたし、かつ、その縮小は実体経済に対しては何の意味も持たないものであると主張してきた。

なぜ、投資家たちの予想は間違ったのか。その予想の誤りはどうでもいい問題であるのか。今回のコラムでは、それを考えたい。

なぜ、量的緩和縮小は意味を持たないのか

まず、後者の問題を見てみよう。そもそも、意外な量的緩和縮小ということなら、株価は暴落してもおかしくないはずだ。量的緩和の出口をFRBのバーナンキ議長が示唆しただけで、今年5月23日は、世界中の株価が暴落したぐらいだ。しかし、今回は、FOMC声明発表直後、超短期、ほんの一瞬だけ株価指数暴落への仕掛け売りがあったものの、数十秒で大幅上昇に転じた。そして、ダウ平均は2時間後、前日比292ドル高で引けたのである。つまり、明らかな仕掛け、あるいは、いたずらである。

そう、誰も本気で量的緩和の縮小を恐れていなかったのである。

次ページ一般的な日本のニュースは間違って報道している
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT