終わりを意識しながら、バブル相場に乗る法

アベノミクス相場は、まだまだ続く

そして、そもそも、アベノミクスは資産市場に働きかけることによって、有効需要と、ひいては物価の上昇を作ろうとする政策だ。円安や株高は、たまたま起こった結果なのではなく、政策で導く「手段」なのだ(注;目的が正しく、弊害が無い範囲では悪いことではない)。

もちろん、相場には様々な不確実性があるが、まだしばらくの間、金融緩和を背景とした円安・株高が継続する可能性が大きい、と筆者は考えている。
 とはいえ、「“まだ”は“もう”なり」という相場格言もある。来年以降の投資戦略を考えるに当たっては、アベノミクス相場が終わるとしたら、それが当面起こらない事だとしても、どのような終わり方があり得るのかは考えておくべきだろう。

「終わり方」は5通り、要注意は物価

筆者が考える「アベノミクス相場の終わり方」は5通りある。起こる確率が高いと思っている順に並べると、以下の通りだ。

(1) バブルが形成されて崩壊する

(2) 物価が上昇して金融緩和縮小に伴って暴落

(3) 消費税率引き上げで景気拡大が頓挫

(4) 海外要因で日本経済失速

(5) 国債暴落によるアベノミクス続行不能

筆者の主観的な確率は、50%→20%→15%→10%→5%未満、といった感じなのだが、あるホームページで行った読者アンケートの結果では、「消費増税による失速」が39.6%と最多で、二番手は「海外要因」で23.3%、「バブル形成・崩壊」は17.1%と三番手だった。

次ページ一番ありそうなシナリオは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT