「ペットとの別離」をマンガと小説から読み解く

「グーグーだって猫である」を読みましたか?

『東京人』編集長の愛犬ガク(左)と、友だちの小春。雑司ヶ谷墓地にて(写真:『東京人』編集部)
愛する犬や猫との別れは、誰にとってもつらく、悲しい。 私たちは、ペットとの別れをどのように受け止めればいいのか――。 漫画と小説から3つの作品を取り上げ、犬や猫を飼い、愛することを問うてみる。

残された者の喪失感は、幸福だったことのあかし

いつからだろう、自分の飼い犬のあどけない寝顔を眺めていると、決まって頭に 「かなし」という古語がよぎるようになった。そのふるい形容詞ほど、私のこの犬に対する気持ちをよく表せる語はないように思う。

「かなし」には2種類の漢字を充てることができる。しみじみと可愛く、いとおしいという意味の、「愛し(かなし)」。 現代語にも通じる、 「悲(かな)し」 。そして私は、もう若くはないこの小さな犬を見ていると、どうしても「愛」と「悲」の両方の文字とともに、その3音の響きを想起してしまうのである。

「かなし」におけるこの2つの漢字の共存は、愛と悲しみの必然的な結びつきを物語っているように思えてならない。誰かを深く愛してしまったとき、その存在と過ごす時間が永遠であることを私たちはどこかで願うものだ。

本記事は『東京人』2019年4月号(3月1日発売)より一部を転載しています(書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします)

でも恐ろしいことに、誰もがいつかは愛するものと別れる運命にある。別離は当事者の気持ちの変化によってもたらされることもあるが、そうでなくても避けられはしまい。なぜなら、私たちの生命は有限だからだ。「死がふたりを分かつまで」――裏返せば、死はふたりを分かつ。とすれば、愛するということは、未来の別離を無意識のうちに承諾し、やがて訪れる悲しみの経験に自らをすすんで差し出すという、まことに過酷な営みを意味しているのではないか。

その死はいつ訪れるかはわからない。人間同士であれば、幸運な場合は何十年も、いやもしかすると100年近く猶予があるだろう。けれど、もし愛した存在が犬や猫であれば? 彼らはいつまでも幼子のように愛らしいが、人間の4倍か5倍のスピードで年をとり、たった十数年でこの世を去ってゆく。犬や猫と暮らし、彼らをひとたび愛せば、毎日少しずつ近づいてくる別れのときを意識せずにいることは難しい。

次ページ漫画家の谷口ジローの代表作『犬を飼う』
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
誤算に次ぐ誤算のブレグジット<br>日系企業への影響は?

英国議会はメイ首相とEUが合意した離脱協定案を否決。今後、離脱の延期をEUに求めるが、延期が実現しても問題はその後。離脱撤回からソフトブレグジットまで、いずれの道も長い困難が続く。対応を急ぐ日系大手企業への影響もまとめた。