「男も女も老けさせる」紫外線対策、よくある5NG

10年後のシミ、シワ、たるみに…対策してる?

「10年後のシミ、シワ、たるみ」…あなたは大丈夫?(写真:sasaki106/PIXTA)
ハーバード大学マサチューセッツ総合病院の客員研究員であり、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)、ロンドン大学セントトーマス病院など、豊富な国際経験をもつ小川徹氏。現在のハーバード大学マサチューセッツ総合病院においては、「皮膚とAI」に関するマサチューセッツ工科大学(MIT)との共同研究などに取り組んでいる。
その小川氏が「見た目が10歳若返る外見力」をテーマに上梓した『ハーバード現役研究員の皮膚科医が書いた 見た目が10歳若くなる本』が、今注目を集めている。その小川氏に「男性も女性も老けさせる、紫外線の5つの盲点」を解説してもらう。

日本のビジネスパーソンは「外見力」を意識していない

私は現在、アメリカのボストンにある、ハーバード大学マサチューセッツ総合病院で客員研究員として活動しています。その前はUCLAやロンドン大学セントトーマス病院に所属しており、この間、多くの欧米のエリートと接する機会がありました。

『ハーバード現役研究員の皮膚科医が書いた 見た目が10歳若くなる本 』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

こうした経験を通じて痛感しているのは、欧米、特にアメリカのパワーエリートは、とにかく「外見」に気を遣っているということです。男性でも爪を整え、シワとりやレーザー治療などをしている人は珍しくありません。そして、いつも驚かされるのは、みなさん例外なく「見た目が若い」ことです。

翻って日本に目を向けると、残念ながら日本のビジネスパーソン、とくに男性ほど「外見力」を意識している人は少ないように思います。「老け見え」でも気にしていない人が多く、非常に損で、もったいないことだと感じています。

男性も女性も「見た目」が若いことは、ビジネスにおいてもプライベートにおいても、大きなアドバンテージとなりうるはずです。みなさんの「見た目」がもし、10歳若返ったらどうでしょうか。きっと人生が変わるはずです。

一部の人は「若さ」を求めて美容整形や外科的な手法を取り入れますが、そんなことをしなくても、「老け見え」してしまう悪習慣をやめ、適切なケアや食事を取り入れることで、「見た目を若くする」ことは十分に可能です。

私はこれまで約20年間、医師として日々過ごす中で、「皮膚科学をもっと大きな視点で柔軟に考えることが必要」と感じ、「ポジティブ皮膚科学」と名付けて提唱してきました。

「老け見え」を招く悪習慣はいろいろありますが、「ポジティブ皮膚科学」を通してみると、「紫外線」に対する正しい対策がされていないことが、「老け見え」の根本原因のひとつと考えられます。

ここでは、「紫外線」の5つの盲点を紹介します。

次ページ男性に「紫外線対策」は必要ない?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。