「男も女も老けさせる」紫外線対策、よくある5NG

10年後のシミ、シワ、たるみに…対策してる?

まず、男性ほどやりがちなのが「そもそも紫外線対策を一切していない」ことです。

「紫外線対策」は男性も必要である

【1】「今さら遅い」と紫外線ケアを一切していない

「紫外線が肌に悪い」というのは、みなさんよくご存じだと思います。

最近では男性でも日傘を差す人がいますが、まだまだ少数派で、実際には「紫外線などまったく気にしていない人」が圧倒的多数ではないでしょうか。

紫外線は、波長の違いで「UVA(長波長紫外線)」「UVB(中波長紫外線)」「UVC(短波長紫外線)」の3つに分かれます。

この中で「UVA」と「UVB」の一部が皮膚に影響を及ぼし、「UVB」は浴びすぎると発がん作用があり、「UVA」は発がん作用や皮膚の老化(シミ、シワなど)にも関係しています。つまり、「見た目の若さ」を考えるならば、女性だけでなく男性も紫外線対策が必須なのです。

「紫外線は青年期までに一生に浴びる分の半分以上を浴びてしまう」ともいわれており、青年期までに浴びた紫外線のダメージが30代、40代になって「シミ」「シワ」「たるみ」としてあらわれるのです。

今怠った紫外線ケアは「10年後、20年後」に肌に跳ね返ってきます。今からでも遅くないというか、逆に今からが大事ですから、しっかり「紫外線対策」をしてください。

【2】「冬場だから」と油断している

夏の暑い時期は紫外線対策をしていたとしても、夏が過ぎて暑さが和らいでくると、意識に上らなくなるものです。

紫外線による皮膚へのダメージは、「紫外線の強さ×紫外線を浴びた時間」で決まります。つまり、冬の弱い紫外線量でも、長い時間を屋外で活動していれば、夏よりもトータルに浴びた紫外線量が多くなるケースは十分あります。

冬場にとくに気をつけたいのが「UVA」です。「UVA」は「UVB」に比べて、冬でも減らないという特徴があります。「UVA」は、皮膚の中にある弾性線維にダメージを与え、シミやシワの原因となります。

とくにスキーやスノーボードなどのウインタースポーツが好きな人は要注意。雪による反射は80%もあるといわれており、スキー場で浴びる紫外線量は雪のない場合の倍近くになるからです。

冬でも油断せず、「日焼け止めを使用する」「マフラーや帽子などで防御する」「皮膚の乾燥を防ぎ、保湿剤を使用する」などの対策を心がけてください。

次ページ「太陽を浴びる=健康にいい」は古い常識
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT