アメリカで拡大する「リバタリアニズム」の正体

従来の2大政党に反対する有権者たち

──日本でもリバタリアニズムは広がりそうですか。

日本は明治維新をきっかけに中央集権型で歩んできたため、国家の求心力が強い。そういった歴史的な背景を持つため、リバタリアンの考え方というのは非現実的に捉えられてしまいます。

ただし、日本経済の成長が続いた時代が終わった今、「政府が本来果たすべき役割とは」「最低限取り組むべき機能とは何か」を一度見つめ直す必要がある。そういったときに、政府をどこまで頼っていいのか、と思考実験するうえでも最小国家を目指すリバタリアンの考え方は役立ちます。

──リバタリアニズムは今後も支持を広げていくのでしょうか。

『リバタリアニズム アメリカを揺るがす自由至上主義』 (中公新書) 書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

若者を中心にリバタリアン志向が高まっており、共感や理解は広がるでしょう。背景にはテクノロジーの発展があります。「自律・分散・協調」が根底にあるインターネット、脱中央集権的な仮想通貨、ブロックチェーンなど、既存の国家の枠組みを超えられるテクノロジーとリバタリアンの目指す自由とは親和性が高い。「リバタリアン」という言葉を使わなくても、リバタリアン的な考え方に共感する若者も多いのでは。

とくにミレニアル世代は、20年のアメリカ大統領選挙で最大の有権者集団となります。実際、トランプ氏が勝った16年の大統領選では、リバタリアン党の一般得票率が3.28%と過去最高に達しました。それまでの得票率は約0.5%でしかありませんでした。ミレニアル世代が社会の中心となる中、リバタリアンの考えに近い方向へと世の中が変化していくのではないでしょうか。

政党としてリバタリアン党がアメリカ政治に強い影響力を持つことは今後もないでしょう。しかし、2大政党がせめぎ合うとき、リバタリアンの候補者がキャスティングボートを握り、影響力を強める可能性はあると思います。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT