アメリカで拡大する「リバタリアニズム」の正体

従来の2大政党に反対する有権者たち

──日本でもリバタリアニズムは広がりそうですか。

日本は明治維新をきっかけに中央集権型で歩んできたため、国家の求心力が強い。そういった歴史的な背景を持つため、リバタリアンの考え方というのは非現実的に捉えられてしまいます。

ただし、日本経済の成長が続いた時代が終わった今、「政府が本来果たすべき役割とは」「最低限取り組むべき機能とは何か」を一度見つめ直す必要がある。そういったときに、政府をどこまで頼っていいのか、と思考実験するうえでも最小国家を目指すリバタリアンの考え方は役立ちます。

──リバタリアニズムは今後も支持を広げていくのでしょうか。

『リバタリアニズム アメリカを揺るがす自由至上主義』 (中公新書) 書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

若者を中心にリバタリアン志向が高まっており、共感や理解は広がるでしょう。背景にはテクノロジーの発展があります。「自律・分散・協調」が根底にあるインターネット、脱中央集権的な仮想通貨、ブロックチェーンなど、既存の国家の枠組みを超えられるテクノロジーとリバタリアンの目指す自由とは親和性が高い。「リバタリアン」という言葉を使わなくても、リバタリアン的な考え方に共感する若者も多いのでは。

とくにミレニアル世代は、20年のアメリカ大統領選挙で最大の有権者集団となります。実際、トランプ氏が勝った16年の大統領選では、リバタリアン党の一般得票率が3.28%と過去最高に達しました。それまでの得票率は約0.5%でしかありませんでした。ミレニアル世代が社会の中心となる中、リバタリアンの考えに近い方向へと世の中が変化していくのではないでしょうか。

政党としてリバタリアン党がアメリカ政治に強い影響力を持つことは今後もないでしょう。しかし、2大政党がせめぎ合うとき、リバタリアンの候補者がキャスティングボートを握り、影響力を強める可能性はあると思います。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT