アメリカで拡大する「リバタリアニズム」の正体

従来の2大政党に反対する有権者たち

──なぜリバタリアニズムへの支持が広がっているのでしょうか。

既存の2大政党への反発があります。リバタリアンからすると、例えば同性婚やLGBT(性的少数者)に寛容な民主党の政策は、個人的自由という視点からは認められる。だが、経済的自由の観点からは、政府の権限を大きくしすぎている。一方の共和党は、ビジネス重視の経済面はいいけれど、軍事費の拡大で財政赤字が増えている。また、同性婚などには不寛容。経済、社会の両面から自由を追求するというリバタリアンの原則からすると、民主、共和がせめぎ合う今のアメリカは道を踏み外していると見えるのでしょう。

「右だけじゃなく、左も悪い」

──リバタリアンは、既存の保守派である右、リベラル派である左の両方をも批判している、と。

渡辺靖(わたなべ やすし)/1967年生まれ。アメリカ・ハーバード大学で博士号(社会人類学)取得。イギリス・オックスフォード大学シニア・アソシエートなどを経て現職。専門はアメリカ研究、文化政策論。『アフター・アメリカ』『アメリカン・デモクラシーの逆説』など著書多数。(撮影:今井康一)

リバタリアンは現在の世界の状況について、自由が失われていると危惧しています。背景として2つ挙げられます。

1つ目はアイデンティティーの政治(アイデンティティーに基づく集団利益を拡大する政治運動)。右派でいうと、人種主義や排外主義のような動きです。一方の左派では、ポリティカルコレクトネス(政治的正しさ)です。黒人自らが権利を主張するのは受け入れる一方、白人が同じような主張をするのは「白人至上主義」と問題視する。そういったアイデンティティーの政治に訴えて、言論空間を窮屈なものにしている。2つ目はポピュリズムです。この2つが結び付いたものがトランプ現象ともいえます。

リバタリアンは既存勢力の左右どちらをも批判し、「右だけじゃなく左も悪いんだ」という立場を取っています。現在の政治の混乱を見ると、リバタリアンの主張には一理あるといえるでしょう。

──リバタリアニズムはアメリカだけの現象でしょうか。

世界中で草の根の動きが広がっています。国家が強い中国にも、北京に「天則経済研究所」というリバタリアニズム系のシンクタンクがあります。中国政府のような権威主義とは相いれない主張だけに、研究所が鉄格子で封鎖されるなど当局から圧力を受けています。危険を冒してまでも自身の信じる自由のために戦っている中国のリバタリアンの姿を見て、その勇気に感銘を受けました。

リバタリアンの動きはほかの地域でも広がっています。例えばヨーロッパ。イギリスのEU(欧州連合)離脱にしても、EUという大きな政府への反発から支持するリバタリアンがいます。さらに東ヨーロッパ。共産主義の影響を受けた地域だけに、自由を求める意識が強い。南米も同じです。軍事政権や社会主義政権が力を持ち抑圧された過去があるため、自由の尊さを理解しているのでしょう。

次ページ日本でリバタリアニズムが広がる可能性は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT