「子どもの医療費」助成が過熱しすぎの問題点

健康を見守り、経済的負担を軽減する制度だ

2009年当時と比べると、対象上限年齢が上昇しており、この10年間程度で急速に拡充されていることがわかります。

自己負担なしの自治体は年々増加

市区町村によっては、患者による一定程度の自己負担を設けたり、助成対象に所得制限を設けたりしていますが、所得制限なしの市区町村は84%、自己負担なしは61%にのぼります。2012年にはそれぞれ77%、55%でした。年々その割合は増えています。1つの自治体が助成対象を拡充すれば、近隣自治体も追随せざるをえない状況となるのです。

これらの調査は2017年4月時点ですので、さらに対象年齢が拡大している可能性もあります。例えば、横浜市ではこの4月から通院助成の対象年齢が小学校6年生までから中学3年生までに拡大される予定です。

次ページ課題もある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。

  • 新刊
  • ランキング