喫煙者の歯周病リスクが高いこれだけの理由

歯ぐきを燻製にしているようなもの

しかし、タバコを吸っている患者さんは血流が悪いために、白血球をスムーズに運ぶことができません。このため、歯ぐきの腫れはほとんど起こりません。気づかないまま歯周ポケットがどんどん深くなり、その奥で歯周病が進むことが多いのです。

さて、同じことが加熱式タバコで起こるかどうかは、はっきりしません。加熱式タバコの多くは有害物質のタールが少ない、あるいは発生しないといわれています。この点が健康にいいといわれていますね。しかし、ニコチンなどほかの有毒物質は従来どおり、含まれています。

「加熱式タバコの普及により、歯周病の症状を訴える患者が増えた」と言っている歯科医師もいます。タールは有害物質である半面、抗炎症作用があるため、「通常のタバコを吸っているときはこの抗炎症作用が働き、歯周病による歯ぐきの痛みなどが抑えられていたのだろう」という考え方です。

詳細については今後の研究を待つ必要がありますが、タバコはからだに確実に悪いものですし、寿命も短くしますから、できるだけ本数を減らすか、やめるべきでしょう。

若林健史(わかばやし けんじ)/歯科医師。若林歯科医院院長。1982年、日本大学松戸歯学部卒業。1989年、東京都渋谷区代官山にて開業。2014年、代官山から恵比寿南に移転。日本大学客員教授、日本歯周病学会理事、日本臨床歯周病学会副理事長を務める。歯周病専門医・指導医として、歯科医師向けや一般市民向けの講演多数。テレビCMにも出演(写真:AERA dot.)

実は私自身も歯学部生の頃からかなりのヘビースモーカーで、タバコをやめるのに苦労しました。やめるきっかけは大学を卒業し、初めての就職先となる歯科医院の院長先生に「一緒に禁煙しよう」と言われたこと。院長命令なので断れず、勤務前日には残っていたタバコをすべて吸い尽くし、翌日からは一本も吸えなくなりました。1年ほどはつらくて、つらくて、火のついていないタバコをしょっちゅうくわえていたことを覚えています(ちなみに一緒に禁煙を誓った院長先生はあえなく、脱落しました)。

今は禁煙外来を利用してやめる方法もあり、いい時代だと思います。

このほか、歯周病を悪化させるリスクには女性ホルモン(妊娠中や更年期)、糖尿病(次回に詳細)、運動不足、偏った食事などさまざまなものがあります。そして、悪化要因を取り除くことで明らかに歯周病はよくなりますので、思い当たるものがあったら歯科医師と相談のうえ、できるだけ減らすことを心がけましょう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT