去年最下位の楽天はどこまで復活できるか

プロ野球は2月から春季キャンプが始動した

久米島での不安だったスタートから考えれば、この1カ月の練習の中で、楽天イーグルスというチームが徐々に形成されつつあるな、という感覚が芽生え始めていました。

そして春季キャンプを終え、オープン戦に突入です。球団創設1年目は、ビジターの試合しか組まれておらず、各地を転々としながらの消化となりました。

そんな中で、日向キャンプでの手応えから一転、私は密かにもがいていました。

自分自身の打撃に冴えがなくなっていたのです。

体力的には問題はないはずでした。特に疲れも感じていなかった。しかし、結果が出ない。不安を感じながらの日々でした。

他の11球団であれば、オープン戦期間中にはホームゲームも開催されます。本拠地であれば、当時の私のように状態が上がらなくなってしまった場合には打ち込みなどをしながらの調整ができるのですが、当時のスケジュールでは、そのような調整練習すらできなかった。今考えてみると、やや過酷なスケジュールで開幕までを過ごしたんだなぁと思います。

開幕までの準備が非常に難しかった

前年まではキャンプが終われば本拠地である大阪に帰り、オープン戦期間中もシーズン同様にホームゲームとビジターゲームを繰り返すことで、リーグ戦に備えてのリハーサルといいますか、自然と身体をシーズンのルーティンに慣れさせていたのでしょう。

私だけではなく、私以外の選手もこの年の開幕までの準備は非常に難しかったのではないかと、今振り返ってみればそう感じます。

そんな中、状態の上がらないままオープン戦期間を終了してしまいました。こうして自分の中では開幕に向けて100パーセントの準備ができませんでしたが、「オープン戦はオープン戦、シーズンはベツモノ!」と気持ちを切り替えてリーグ戦に臨もうと考えていた(そうするしかなかった)ワケなのですが、不安は現実のものとなってしまうのです。

この続きはまた、次回に。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT