去年最下位の楽天はどこまで復活できるか

プロ野球は2月から春季キャンプが始動した

私は近鉄時代、捕手だったこともあり野手の練習だけではなく投手の練習にも参加し、ものすごく練習が大変だったのを今でも忘れません(笑)。

だいたいどのチームでも捕手は今でも同じことをやってるのではないでしょうか。捕手はマスクを被っていることもあり、あまり目立たないポジションですが、本当に大変なんです。ぜひ応援でいたわってあげてください!

そして私の古巣・楽天イーグルスも、今年1月30日に仙台を出発しキャンプ地・沖縄県久米島入りをしました。

2018年シーズンは最下位という残念なシーズンでしたが、今年は平石洋介新監督のもと、優勝できるチームを作り上げるために久米島、そして金武町と続くキャンプを実りあるものにしてほしい!

FAで獲得した浅村選手に期待すること

さらに今年は補強の目玉としてライオンズから浅村栄斗選手を獲得しました。

昨年のシーズン前半からの楽天失速の原因は、打線。はっきり言って得点力不足でした。そこに昨年3割30発100打点をクリアした浅村選手の加入は、チームとしても非常に心強いはず。

新天地での活躍はもちろん本人も望んでいることとは思いますが、西武時代とはメンバーも環境も変わり、今までとは違ったキャンプになります。焦らずにじっくりと調整してほしいものです。怪我さえしなければ昨年と同等の成績は間違いないと私は踏んでいます。

野手のほうは昨年新人王を獲得した田中和基選手をはじめ、島内宏明選手、今江敏晃選手、銀次選手などの実績のある選手、新外国人外野手のブラッシュ選手など、期待できる選手も多いですが、私が今年特に期待しているのは、昨年怪我に泣かされ、満足な結果が出せなかった茂木栄五郎選手です。

昨年、楽天の本拠地を訪れたときの茂木選手と筆者(写真:筆者提供)

私のコーチ在籍時、彼が入団してから2年間、間近で見てきましたが、本来茂木選手は打撃の技術が非常に高く、入団当時から特に直すところもないほどの選手。コンスタントに打撃成績も上げてきていましたが、昨年は右肘などの故障で、入団以来の3年間の中でワーストの成績でした。

次ページ今年は茂木選手に期待
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT