去年最下位の楽天はどこまで復活できるか

プロ野球は2月から春季キャンプが始動した

右肘を痛めた影響でスローイングの精度が上がらず、外野手転向等の噂が出ていましたが、私としてはこれまでどおりショートとして不動のレギュラーをつかんでほしい。西巻選手や山崎剛選手、三好匠選手もいますが、茂木選手の打撃は3選手と比較しても別格です。

昨年の球団の得点力不足という課題を解消するためには、打線の中に茂木選手が不可欠でしょう。雑な言い方になるかもしれませんが、「守備でミスを犯しても打撃で取り返す」くらいの図太い考えで今年はやってほしいですね。

もう1人忘れてはいけないのは、ウィーラー選手! 彼も怪我の影響で昨年は成績を落としましたが、技術的にはクリーンナップを任せられる選手。

ウィーラー選手と筆者(写真:筆者提供)

人気者で、チームのムードメーカーでもあるウィーラー選手が一昨年同等の活躍を見せてくれれば、チームとして優勝争いに絡んでくるのではないかと推測しています。投手編はまた次回にお話ししましょう。

楽天草創期のキャンプを改めて振り返る

最後に恒例の私の野球人生の振り返りを。

楽天創設1年目、2005年の久米島キャンプを打ち上げ、宮崎県日向市での2次キャンプに入ってからは、紅白戦などの実践練習がメインに行われました。日向市といえば近鉄在籍時の8年間、春と秋のキャンプでお世話になっていた土地です。

チームとメンバーは変わりましたが、私自身がプロ野球選手としての土台を作り上げた、お倉ヶ浜球場での練習は、熱の入ったものになったのを覚えています。

施設等は1年前となにも変わっていませんでしたが、久米島キャンプのときと同じように多くのファンと報道陣に迎えられました(近鉄のキャンプには数えるほどのファンと報道陣しかいなかった……苦笑)。

日向キャンプでは、練習メニューを消化していく中で、私個人としても体調も技術も、これから始まるオープン戦、そしてレギュラーシーズンに入っていく準備はある程度できた感じがあり、満足のいくキャンプだったと思います。

次ページ オープン戦に突入したときに違和感を覚えた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT