インフルエンザを英語で語るときの注意点

流行っている=popularとは限らない

インフルエンザにまつわる英語の表現方法を紹介していきます(写真:Kerkez/iStock)

今年は昨年より1週間早く、インフルエンザの流行が警報レベルを上回ったようですね。確かに、筆者の周辺でも1月の半ばあたりから急激にインフルエンザにかかっている人が続出しています。

毎年1~2月はインフルエンザが流行しますが、今回はそれにまつわる英語表現について紹介していきます。

みんな大好きインフルエンザ?

ようやく新年ムードも薄れてきた、成人の日が終わったあたりの時期から、研修を欠席する人が増えてきました。

先週のある化粧品メーカーでの研修では、8人のクラスを担当していたのですが、なんとそのうちの4人が欠席。さすがに驚いて、どうしたのか尋ねると、研修生のひとりハナコさんが

Influenza is very popular at my office. (私の会社ではインフルエンザが大人気です)

と教えてくれました。

この連載の一覧はこちら

「インフルエンザが流行っている」と言いたいのはすぐにわかったのですが、これでは「インフルエンザが大好き」みたいに聞こえてしまいます。popularというのは「流行っている」と訳されることが多いですが、liked by a lot of people (たくさんの人に好かれている)という意味ですので注意してください。

英語で「インフルエンザが流行っている」と言いたいとき、会話では

The flu is going around. (インフルが流行っている)

と言うのが一般的です。

次ページ英語でも略して使うことが多い
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 女性の美学
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。