インフルエンザを英語で語るときの注意点

流行っている=popularとは限らない

インフルエンザにまつわる英語の表現方法を紹介していきます(写真:Kerkez/iStock)

今年は昨年より1週間早く、インフルエンザの流行が警報レベルを上回ったようですね。確かに、筆者の周辺でも1月の半ばあたりから急激にインフルエンザにかかっている人が続出しています。

毎年1~2月はインフルエンザが流行しますが、今回はそれにまつわる英語表現について紹介していきます。

みんな大好きインフルエンザ?

ようやく新年ムードも薄れてきた、成人の日が終わったあたりの時期から、研修を欠席する人が増えてきました。

先週のある化粧品メーカーでの研修では、8人のクラスを担当していたのですが、なんとそのうちの4人が欠席。さすがに驚いて、どうしたのか尋ねると、研修生のひとりハナコさんが

Influenza is very popular at my office. (私の会社ではインフルエンザが大人気です)

と教えてくれました。

この連載の一覧はこちら

「インフルエンザが流行っている」と言いたいのはすぐにわかったのですが、これでは「インフルエンザが大好き」みたいに聞こえてしまいます。popularというのは「流行っている」と訳されることが多いですが、liked by a lot of people (たくさんの人に好かれている)という意味ですので注意してください。

英語で「インフルエンザが流行っている」と言いたいとき、会話では

The flu is going around. (インフルが流行っている)

と言うのが一般的です。

次ページ英語でも略して使うことが多い
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?