年賀状の「A Happy New Year」は実は誤りだ

多くの人がやりがちなミスと理由を考える

スマートに新年のあいさつができる英語表現を紹介します(写真:sasaki106/PIXTA)

毎年12月に入ると、筆者は「そろそろ年賀状を用意しないと!」と焦り出し、デザイン集と年賀状を買いに本屋と郵便局に駆け込みます。そして、「今年こそは早めに書いて投函しよう」と思い立つのです。ところが、年賀状を買ったところで安心してしまうんですよね。結局、会社が休みになるまで何もせず、夏休みの宿題が終わっていない小学生のときのような気分で、年末に慌てて書くのが常。

この連載の一覧はこちら

年々、年賀状を出す人は減少しているようですが、今後は新年のあいさつをSNSで済ませるのが主流になっていくのでしょうか。妻と「うちも、もう年賀状はやめようか……」と話すものの、送ってくださる方もいるなか、なかなかやめるわけにもいかず、毎年べそをかきながら、なんとか継続している筆者です。

先日、年賀状を英語で書きたいという研修生が相談にきました。今回は、そのときの話にちなんで、年賀状で使用する英語表現を紹介したいと思います。

Aをつけないで!

東京近郊のあるメーカーでのこと。英語研修後に筆者が帰ろうとすると、社員のタロウさんに呼び止められました。「研修とは関係のない英語の質問をしても構いませんか?」と遠慮がちに差し出されたのは、英語で書いた年賀状の下書きでした。

まず飛び込んできたのが「あけましておめでとうございます」の部分。

A Happy New Year!

毎年いただく年賀状のなかでもよく見かけるこの表現。実はちょっと不自然なんです。英語であいさつや祝辞などを述べる際にhappygoodで始めるときは、冠詞を用いないのが通常です。

Happy New Year! (あけましておめでとう!)
Happy birthday! (誕生日おめでとう!)
Good afternoon! (こんにちは!)

Happy birthday!Good afternoon! を誤って A happy birthday! A good afternoon! と言う日本人はほとんどいないのに、新年のあいさつにだけ Aをつけてしまうのはなぜなのでしょう? なんだか不思議ですよね……。

次ページ12月によく耳にする歌が原因?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。