年賀状の「A Happy New Year」は実は誤りだ

多くの人がやりがちなミスと理由を考える

「でも、2019年の年賀状からはバッチリですね!」と励まして話をそらすと、「あ、あと、本文も見てほしいんですけど……」と下書きを指さしました。

大変お世話になりました。

そこに書いてあった英文が、

✕  You took care of me very much last year. (あなたは昨年、大いに私の面倒を見ました)

「旧年中は大変お世話になりました」と言いたかったのでしょう。気持ちはわかりますが、まずtake care of … very muchという言い方は不自然です。強調するのであれば、take very good care of … とするといいでしょう。

でも「お世話になる」というのをtake careを使って訳すのはあまりお勧めできません。しかも、そもそもこの日本文はお礼を述べているわけですから、英語ではこんなふうにするのがいいのでは?

○  Thank you very much for your kindness in the past year. (旧年中は大変お世話になりました)
○  I really appreciate the kindness you showed to me in the past year. (旧年中は大変お世話になりました)

お礼はThank you very much for …でも、I really appreciate … でもいいと思います。後者のほうがかしこまった感じに聞こえるでしょう。

上の例文では、「お世話になった」という部分を、「親切にしてもらった」と解釈して「旧年中の相手の親切」に対して、お礼を述べる文にしてみました。こんなふうにシンプルにyour kindness in the past yearyour kindness last yearと言うといいでしょう。ちょっとかしこまった感じにするのであれば、the kindness you showed to me in the past yearのほうがいいかもしれないですね。

kindnessの代わりに、友人に当てたものならfriendship(友だちでいてくれたこと)、同僚や上司ならsupporthelp(サポート)、お客様ならpatronage(ご愛顧)などにしてはどうでしょう?

○  Thank you very much for your friendship last year. (〔友人に〕去年も仲良くしてくれてありがとう)
I really appreciate the support you gave to me in the past year. (〔同僚や上司に〕旧年中はサポートいただき、誠にありがとうございました)
I really appreciate your patronage over the past year. (〔顧客に〕旧年中もお引き立ていただきまして、誠にありがとうございました)

次ページ「今年もよろしく」はどう表現したらいい?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT