年賀状の「A Happy New Year」は実は誤りだ

多くの人がやりがちなミスと理由を考える

続いてタロウさんの下書きに書いてあったのが「今年もよろしく」にあたる部分でした。

今年もよろしくお願いいたします。

✕  Please be good to me this year too. (今年もまた優しくしてよ)

まあ、直訳するとそうなりますよね。伝えたい意味はその通りかもしれませんが、ネーティブはこんなふうに言わないでしょう。「よろしく」というのは、非常に日本的な言い回しなので、そのまま英語にするのが難しいですね。あえて訳すなら、こんな感じが無難だと思います。

I’m looking forward to working with you again this year. (また今年も一緒にお仕事できるのを楽しみにしています)
Let’s have a lot of fun together this year! (今年は一緒にめいっぱい楽しもうぜ!)

ただ、こういったフレーズをグリーティングカードのフレーズとして使うのは、英語ではあまり一般的ではなく、通常は「よい年になりますように」のような言い方のほうがなじみやすいです。ただ、こういうメッセージを使いたいのであれば、印刷したものに、手書きで添える方法をタロウさんにはお勧めしました。できれば「お世話になりました」の部分も、手書きのコメントに回すほうがスマートな気がします。

もしHappy New Yearと一緒に何かを印刷したいのでしたら、

○  May the year 2019 bring you a lot of fun and happiness. (2019年が、あなたにとって楽しく幸せになりますように)
○  I hope you have a year filled with a lot of happiness. (あなたにとって、幸多き1年になりますように)

のようなフレーズが筆者はいいと思いますが、このあたりは個人の好みかもしれませんね。

面倒だとは思いますが、本当はこういったフレーズも手書きだとさらにうれしいですよね。日本語でも手書きの部分があるほうが、心がこもっている印象を受けますもんね。

すると、必死にメモを取っていたタロウさん、「手書きの文章も教えてもらったので、これで今回の年賀状は完璧です! 先生にも英語で年賀状送るので、住所教えてください」とのこと。That’s so nice of you, Taro. (それは、ご親切にありがとう、タロウさん)。Guess I’ve seen too many spoilers already… (でも、かなりネタばれがひどいことになってますが……)もう、コメントまで知っているんですけど。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT