「パラアスリート講師」に学ぶ共生社会の実現

「あすチャレ!Academy」を実際に受講

「あすチャレ!Academy」と講師のマクドナルド山本恵理選手(筆者撮影)

2020年東京パラリンピック開催が決まってから、パラスポーツへの関心が高まるとともに、ダイバーシティを考える、共生社会を実現しよう、といった動きが出てきている。

日本財団パラリンピックサポートセンター(パラサポ)が、パラスポーツを通じて行う教育プログラムの1つに「あすチャレ!Academy」がある。受講できるというので参加してみた。

障害者のリアルを知ることができる

たとえば駅で困っていそうな障害のある方を見かけたとき、どう声をかけたり、どうサポートすればいいかわからない。車いすの方と出かけるときに注意することは何か。そういった思い、疑問を、パラリンピックやパラスポーツを題材に、パラスポーツのアスリートを含む障害のある当事者が講師となって、主に自身の体験を基に教えてくれる場が「あすチャレ!Academy」と思ってもらえればいい。

筆者が受けたAcademyの講師は、パラ・パワーリフティングのマクドナルド山本恵理選手だった。

カリキュラムはまず「レクチャー」といって、講師がパラリンピックの歴史や意義、障害とは何か、自身のパラスポーツ体験といったことを話してくれる。

実際の講義の様子(写真:日本財団パラリンピックサポートセンター提供)

次に「体験プログラム」。障害別にどうサポートするとより効果的かなどの講義を受け、実際にやってみる。

視覚障害者に対して方向を示す際には「クロックポジション」といって、どの方向に何があるかなどの情報を時計の文字盤に例えて教えてあげると多くのことは1人でできるそうだ。

食事でも「2時方向にお椀」などと伝えれば大丈夫とのこと。

次ページ障害別の対応方法を体験してみる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT