恋人が常に切れない43歳女性の結婚のリアル 3人目の夫は「ご先祖からのご褒美」

印刷
A
A

話してみると、健太さんは綾乃さん好みの「文系インテリ」の会社員だった。歴史関係の本をたくさん読んでいるらしい。人見知りなので初対面だと悪い印象を与えてしまうこともわかった。

2人はすぐに付き合い始め、1年も経たずに結婚。綾乃さんはこれから子どもを作るつもりはないので、その点だけは健太さんに確認をしたうえでの結婚だ。

40歳を超えるまで独身だった健太さんは、家事や趣味にもこだわりが強い。女友達はいるけれど恋人は長い間いなかったという。

「緩い私ならば一緒に生活できるかも、と思ったみたいです。実際、2LDKの家は彼の本やマンガ、DVDであふれています。私の部屋はありません。クローゼットの半分と、タンスの3段分だけが私のテリトリーです。女の生活を何だと思っているんでしょうか(笑)」

健太さんは趣味の本やDVD以外は節約家で外食はめったにしない。自分できっちりと自炊をして暮らしてきた。一方の綾乃さんは「宵越しの銭は持たない」タイプで、一人でいるときはつねに外食。結婚当初は金銭感覚の合わなさに戸惑った。

「でも、今では穏やかに過ごせていて自分でもびっくりしています。私もお金にしっかりするようになりました。お菓子やパンを手作りするのも面白いものですね。自分一人だったらダラダラするだけですけど、彼が食べてくれるならゴハンを作るのも張り合いがあります」

繁盛していたバーは閉店して、20年ぶりに勤め人になった。週2日の夜勤の仕事だ。

「彼は独身生活が長かったので、私が夜にいない日を作ってあげるのも大事かなと思っています。アダルトビデオが好きみたいだからです」

セックスも嫌いじゃないけれど性欲は自分で処理するほうが気楽だという男性は少なくない気がする。この「自由」がなくなるから共同生活に踏み出さない人もゼロではないだろう。経験豊富な綾乃さんは男性の微妙だけど重要な問題を察することができるのだ。

恋愛ではなく、「結婚」に必要なもの

ただし、セックスレスは困る。綾乃さんのほうが欲求不満になり、浮気をしかねないからだ。寝室は一緒にすることを綾乃さんのほうから要求し、月1回は死守してもらっている。

性的には淡白な健太さんだが、生活全般でしっかりしていて、毎朝の出勤時には手作り弁当と「ほっぺちゅー」を求めるほど綾乃さんに懐いている。綾乃さんは生活も規則正しくなり、そんな人生に導いてくれた健太さんへの尊敬と愛情があふれ出す。

「まじめで女慣れしていない彼が、すれっからしの私を気に入ってくれたこと自体が今でも不思議です。ご先祖様からのご褒美かな? ありがたいです」

尊敬や愛情は恋愛に不可欠だが、結婚に必要なのは相手への感謝だと筆者は思う。理由はわからないけれど、すばらしい人が自分のそばにいてくれる。こんな自分を愛してくれている。

このうれしくて申し訳ないような気持ち。お返しができるとは思わないが、せめて誠実で明朗なパートナーでいよう――。謙虚になった綾乃さんの3度目の結婚生活は長続きする気がする。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT