「リーマンショック世代」の先輩はなぜ怖い?

2008&09年入社の人を集め理由を探ってみた

石垣さん(仮名):2008年、Web系企業に新卒入社。約3年営業として勤めた後に転職し、昨年独立。上野さん(仮名):2009年、ネットメディアを運営する企業に新卒入社。約5年勤めたのち、金融系企業に転職。深川さん(仮名):2009年、人材系企業に新卒入社。現在入社11年目の中間管理職(写真:20’s type編集部)

「若手のころにリーマン・ショックを経験した世代の先輩が怖い」

最近、20代が多く働く職場でこんな声を耳にした。リーマン・ショックとは、アメリカの大手証券会社リーマン・ブラザーズが2008年秋に経営破綻したことによって生じた、世界的な金融危機。現在20代前半の人にとっては中学生のころの出来事だ。

リーマン・ショックの影響は日本にも及び、当時新卒社員だった2008年入社世代と、内定前後で世の中の状況が一変した2009年入社世代の中には、辛酸を嘗めた人も多かった。10年が経った今、当時若手社員だった“リーマン・ショック世代”は30代になり、20’sから「怖い」とささやかれる存在に。なぜ、リーマン・ショック世代の先輩は怖いのか。座談会でその理由を探ってみた。

「内定は取り消さないけれど」

――リーマン・ショックが起きたのは2008年の秋。2008年入社の人は入社半年後に、2009年入社の人は内定後に影響が及びました。当時どんなことがあったんでしょうか?

本記事は新世代の「働く力」育成メディア20’s type(運営:キャリアデザインセンター)からの提供記事です。元記事はこちら

深川さん:私は2009年入社ですが、内定者全員、入社前に人事と個別面談をしました。「会社は厳しい状況だけど、覚悟はあるのか」と問われて。今思えば、あわよくば内定を辞退してほしかったんだろうなと思います。

上野さん:僕も2009年入社で、同じく内定者だった時に緊急の呼び出しがありました。会社の状況に関する説明会で、「内定は取り消さないけど、月給が2万円下がる。それが嫌なら辞めてね」みたいな話が人事からありました。優しいのか厳しいのか、いまだに分からないですね(笑)。

深川さん:私も月給は1万円下がりました。さらに賞与も出なくて。1年目の年収は350万円程度と聞いていたのに、蓋を開けてみれば200万円台でしたね……。

――ただでさえ少ない1年目の収入が下がるのは死活問題ですね……。2008年入社の石垣さんはいかがですか?

石垣さん:リーマン・ショックが起きた数日後、会社のセミナールームに全社員が緊急で呼び出されたんですよ。そこで「早期退職希望者を募集する。退職者には給与3カ月分を支払うし、業務時間中の転職活動もOK」って発表がありました。僕は1年目だったから、「給与3カ月分ももらえるんだ!」くらいの感じだったんですけど、周りの大人たちは青ざめていて。その時の光景は強烈に覚えています。

次ページ大人たちの恐ろしい内紛を目の当たりにした
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。