鎌倉土産の超定番「鳩サブレー」の意外な来歴

鳩の形は120年以上前から変わっていない

豊島屋の売り上げの8割がこの鳩サブレーだ(写真:豊島屋提供)

鶴岡八幡宮を参詣した後に、愛らしい鳩の形をしたお菓子を買って帰る。鎌倉ではそうした観光客の姿があちこちで見られる。その鎌倉の定番のお土産とは、鮮やかな黄色い紙袋が特徴の豊島屋の「鳩サブレー」だ。

この鳩サブレーには、別の“愛称”があることをご存じだろうか。その名も「鳩三郎」――。鳩サブレー、鳩サブロ、鳩サブロ……鳩三郎。確かに語呂はよく似ている。発売から間もない明治末期には「鳩三郎」とも呼ばれていたこともあったという。

1894年に創業した

発売元の豊島屋(神奈川県鎌倉市)は、1894年(明治27年)創業の老舗製菓業者。業歴は実に124年を数え、神奈川県内ではトップクラスの業歴、規模を誇る。人まねが嫌いで、アイデアマンだった創業者で初代店主である久保田久次郎氏が、今なお愛される人気商品「鳩サブレー」を生み出した。

この連載の一覧はこちら

きっかけは、店を開いて間もない1897年(明治30年)ごろのこと。たまたま来店した外国人からもらったビスケットだった。

手のひらサイズの大きな楕円形、バターたっぷりのハイカラな味に魅了された初代は「これからの日本の子どもたちに喜ばれるお菓子はこれだ! 」と思い立った。

その後、材料や作り方もわからない状態で試作を繰り返し、日本人に親しみやすい味に近づけた。最終的に鳩の形にしたのも、お店がある鎌倉という場所に大きく関係していた。かねて鶴岡八幡宮を崇敬していた初代が、八幡宮の本殿の掲額の(ハ)の字が鳩の抱き合わせになっていること、境内にたくさんの鳩がいることから、この形をひらめいたそうだ。

だが、発売当初はなかなか売れなかった。当時はまだ明治の末。今でこそチーズやバターの味に慣れ親しんでいるが、当時はまったく異質の味にうつったのだろう。「バタ臭い」などと陰口をたたかれたこともあった。

ようやく少しずつ認知されるようになったのは、発売から10年ほど経ってからのこと。大正期に入り、複数の小児科医から「離乳期の幼児食に最適」との推薦をもらったことなどをきっかけに、鳩サブレーファンが徐々に広がっていった。

次ページ鎌倉土産の定番にした3代目
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。