サッカー日本代表、森保監督に問われる手腕

五輪とA代表は基本的にリンクさせる方針

――2019年はアジアカップに始まり、南米選手権、2022年カタールワールドカップ予選もありますね。

「サッカー界として、目指すべきは2020年東京五輪、2022年のカタールワールドカップ。東京五輪は予選はないですが、次につながることをしながら、ベストを尽くして、積み上げを図りたい。大きな目標に向かってチームをレベルアップさせられるように努力します」

――東京五輪のオーバーエージ枠に関してはフィリップ・トルシエ監督時代同様、A代表とリンクさせながら選んでいくという考え方でいいんでしょうか?

「基本的にはリンクですね。そのために今、兼任の監督をやっていると思いますし。まずは東京五輪で結果を出すために、最強のチームを作るためにA代表の選手にも協力してもらって、五輪とA代表の2チームの融合を図りながらやっていくつもりです」

――カズさんや本田選手のような傑出した実績を持つ選手を何らかの役割に加えるようなアイデアは?

「加わってほしい気持ちはありますよ。本田とかカズさんもそうですけど、偉大な経験を持っている人たちの経験値を生かしていきたいという思いはすごく強いです。どうやって今の世代に生かしていくかを考えながらやっていきたいと考えています」

個性を重ね合わせて強固な集団を作っていく

――本田選手は「自分はもうA代表には呼ばれないし、行くつもりはないけど、東京五輪は目指す」と言っていました。

「実は本田だけではなく『東京五輪に出場したい』とは直接、いろんな選手から言われています。A代表の選手に『日本のために戦いたい』『日本で開催される東京五輪の時には力になりたい』と言ってもらえることはうれしいし、心強いですね。

現段階でも話に来てもらったりすることも考えています。そう考えていたら、本田はカンボジア代表の監督に就任したので、IMD(インターナショナルマッチデー)の時には動けないじゃないですか……(笑)。

いずれにしても、個性を生かしながら五輪代表とA代表を作っていければ理想的。それはドーハの時にチームを束ねていたオフト監督からいちばん学んだことでもあります。十人十色の個性が折り重なって、強固な集団になれるように頑張っていきます」

(文中一部敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。