日経平均7日続伸、実は「ボックス圏の動き」?

米中懸念の緩和で買い戻し、一時は300円超高

 12月3日、東京株式市場で日経平均は7日続伸した。米中首脳が追加関税を一時的に見送ることで合意したことを受け、貿易戦争に対する懸念が和らいだ。写真は都内で2月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 3日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は7日続伸した。米中首脳が追加関税を一時的に見送ることで合意したことを受け、貿易戦争に対する懸念が和らいだ。ショートカバーが誘発され、日経平均は一時300円を超す上昇。取引時間中としては10月18日以来、1カ月半ぶりの高値を付けた。

騰落率は日経平均が前週末比1.00%高、TOPIXが同1.30%高となった。東証33業種中、空運を除く32業種が上昇。原油相場の上昇で石油関連株が買われたほか、海運、自動車など景気敏感セクターの上げが目立った。

大型株で構成するTOPIXコア30は1.50%高。投資家の不安心理を示すとされる日経平均ボラティリティー指数<.JNIV>は17ポイント台まで急低下し、10月4日以来、2カ月ぶりの低水準を付けた。

日経平均は11月8日の直近高値(2万2583円43銭)を上回ったが、連騰による短期的な過熱感が上値を圧迫した。為替面でのサポートも乏しく、大引けにかけては高値圏でもみあいを続けた。

岡三証券・日本株式戦略グループ長の小川佳紀氏は「先週からイベント前にもかかわらず買い戻しが入っていた。9─10月のイレギュラーな価格帯を除けば、日経平均は2万1500円─2万3000円のボックスの中での動きが続いている。上下に大きな方向性が出ている感じでもない」と話す。

個別銘柄ではトリケミカル研究所<4369.T>がストップ高。同社は30日、2019年1月期の連結営業利益予想を上方修正すると発表。これを材料視した買いが集まった。日本と台湾で最先端の半導体や光ファイバー向けの化学材料が好調に推移しているという。

半面、トップカルチャー<7640.T>が軟調。30日発表の通期業績予想の下方修正を嫌気した。18年10月期の連結純損益予想を従来の8億6700万円の赤字から13億8400万円の赤字に見直した。レンタル販売用CD・DVDなど主力部門の既存店売上高が目標未達となった。

東証1部の騰落数は、値上がり1579銘柄に対し、値下がりが472銘柄、変わらずが68銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値     22574.76 +223.70

寄り付き   22629.39

安値/高値  22550.29─22698.79

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1689.05+21.60

寄り付き     1687.77

安値/高値    1682.61─1696.14

 

東証出来高(万株) 134078

東証売買代金(億円) 24306.89

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT