弱気充満の市場に「意外な株高」の可能性

ハイテク株や一部の中小型株は売られすぎだ

株式市場では悲観派が台頭。だが筆者は年末に向けての株高の可能性を指摘する(写真:shiii/PIXTA)

10月の株価の大波乱は、同26日の日経平均株価2万0971円で底を打ったかに見えた。だが、その後の伸びには力がない。逆に下値不安を感じる局面が続いている。

理由は、といえばあまりに不透明材料が多いためだ。ごく一部を除いて解決のメドが立たず、株価反転のきっかけがつかめない。

株価は「悪材料テンコ盛り」の中でも踏ん張っている

その不安材料を列挙すると、①米中両国対立の長期化(緊張と緩和を繰り返し、その度にダウ500ドル単位が上下して日経平均を悩ます。その結果市場参加者に厭戦気分が台頭)②止まらない原油安(史上最長の12営業日続落など)、③アップルショック、ハイテク・半導体株の低迷。次世代技術革新への不信感、④ゴールドマン・サックスへのマレーシア政府による手数料返還請求は個別材料としても、上下院のねじれ決定で金融規制「緩和期待の後退」、⑤英ブレグジットのこじれ、⑥伊財政問題、⑦独政局不安、⑧日米物品貿易協定(TAG)への不透明感⑨米金利上昇一服でも消えない新興国通貨不安、など9つが挙がった。これら以外にもまだまだ挙げることができ、切りがないほどだ。

しかし、この状況の中で相場が10月の2万0971円や3月の2万0347円を切らないのはなぜか。10月の波乱は企業業績の大幅悪化を危惧したものだったが、「GAFA」 や半導体のエヌビディアなど象徴的に売られた銘柄もある割には、全体としては日米共に増収増益を保っている。特に日本では、ソニー、村田製作所、コマツ、トヨタ自動車など、主力企業は期待通りの上方修正を出し、日経平均予想EPS(1株益)は史上最高の1780円となった(先週末は約1775円)。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。