1万4000人が狩りに来たモンハン祭りの磁力

カプコンが推し進めるマルチユース戦略とは?

ワンコンテンツを使いまくる

盛況の背景には、カプコンの「ワンコンテンツ・マルチユース」という手法による、ユーザー層の拡大策がある。「マルチユース」には、複数のハード(プラットフォーム)に同じソフトを提供することに加え、他業態とのコラボレーションにより、あらゆる機会をとらえて、ソフトの持つ世界観の認知度を上げるという意図も含まれる。

会場の外には長蛇の列ができた

2013年夏にユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で、人気ゲーム「バイオハザード」の世界を再現した「バイオハザード・ザ・リアル」が開催された。ここを訪れた休眠中のバイオハザード・ユーザーや、名前だけは知っていても実際にゲームをしたことのない人のゲーム意欲をかき立てた。

2014年春には、再びUSJとの共同企画として「モンスターハンター・ザ・リアル2014」を開催する。「モンハン4」の発売から半年後に開催されるこのイベントも、同様の効果をもたらすと期待されている。

480万本を売り上げた「モンハン3rd」が発売された2010年度は、営業利益142億円という大躍進を果たした。「モンハンフェスタ」の成功に代表されるマルチユースの好循環が続けば、2013年度も営業利益120億円の期初計画を超えてきそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。