1万4000人が狩りに来たモンハン祭りの磁力

カプコンが推し進めるマルチユース戦略とは?

大阪会場には1万4000人が詰めかけた

バーチャルがリアルに人を呼び、リアルがまたバーチャルに人を誘う。その流れを作るのに長けているのが、ゲームソフト開発大手のカプコンだ。

11月24日、大阪・南港にある国際見本市会場で「モンスターハンターフェスタ’13」という、文字どおりのお祭りが開催された。

「モンスターハンター」とは、雄大な自然に囲まれたフィールドで巨大なモンスターを“狩る”という、ハンティングアクションのゲームソフト。9月14日に最新作「モンスターハンター4」がニンテンドー3DS用ソフトとして発売され、わずか1カ月強で国内出荷330万本を突破した。2004年の初作登場以来、「一狩り(ひとかり)行こうぜ」という合言葉で、「モンハン現象」と呼ばれる一大ブームを巻き起こした。シリーズ累計で2700万本を誇るお化けソフトである。

ゲームの世界をリアルに再現

会場の至る所に実物大のモンスターが現れた

「モンハンフェスタ」は、このゲームの世界観を壊すことなく、バーチャルの世界をリアルに感じてもらう機会となっている。

会場には実物大の“モンスター”の模型が飾られ、舞台上ではモンハンのゲーム開発者が自分たちで作ったゲームを実演したり、開発の苦労話を語ったりと内容は盛りだくさん。

次ページゲーム内のメニューまで登場
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。