1万4000人が狩りに来たモンハン祭りの磁力

カプコンが推し進めるマルチユース戦略とは?

大阪会場には1万4000人が詰めかけた

バーチャルがリアルに人を呼び、リアルがまたバーチャルに人を誘う。その流れを作るのに長けているのが、ゲームソフト開発大手のカプコンだ。

11月24日、大阪・南港にある国際見本市会場で「モンスターハンターフェスタ’13」という、文字どおりのお祭りが開催された。

「モンスターハンター」とは、雄大な自然に囲まれたフィールドで巨大なモンスターを“狩る”という、ハンティングアクションのゲームソフト。9月14日に最新作「モンスターハンター4」がニンテンドー3DS用ソフトとして発売され、わずか1カ月強で国内出荷330万本を突破した。2004年の初作登場以来、「一狩り(ひとかり)行こうぜ」という合言葉で、「モンハン現象」と呼ばれる一大ブームを巻き起こした。シリーズ累計で2700万本を誇るお化けソフトである。

ゲームの世界をリアルに再現

会場の至る所に実物大のモンスターが現れた

「モンハンフェスタ」は、このゲームの世界観を壊すことなく、バーチャルの世界をリアルに感じてもらう機会となっている。

会場には実物大の“モンスター”の模型が飾られ、舞台上ではモンハンのゲーム開発者が自分たちで作ったゲームを実演したり、開発の苦労話を語ったりと内容は盛りだくさん。

次ページゲーム内のメニューまで登場
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT