ニッポンの「デザイン」が世界を席巻する日

世界のデザイン周期を大胆予測

日本人デザイナーは2041年に台頭?

以前の記事(“社長顔出し”会社は株価が上がる?)でも触れた“感性トレンド”という理論によると、時代は以下のような波で構成されています。人は“飽きる”生き物であるため、異なる波の間を行き来するのです。いわば、「歴史は繰り返す」現象が起きるわけです。

 この波に従って、次の日本人デザイン台頭ブームを見ると2041年。遠い……ですか? でも、今から時代の波を予測しておけば、その流れに用意することができると思います。時代はいつでも自分たちの強みを後押ししてくれるわけではなく、ほかの人の強みを後押しすることもあるので、今、わたしたちは国籍不問の複合チームが必要なのだと思います。

御社に足りないのはなんでしょう?

日本にいなければ、海外から! 幅広くアイデアを集めることが必要かもしれません。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT