「姉妹みたいな母娘」が危険である深いワケ

お母さんこそ「女の子の育て方」を学ぶべきだ

そんなお母さんでも、うっかりしてしまう比較があります。それはほかならぬ自分自身との比較です。私はこの比較が、ほかのどの比較よりもよくないと考えています。お母さんご自身も気づかないことが多いため、より深刻です。

表面化するのは、能力における比較です。「私は数学が得意なのに、なんであなたはダメなの?」「私は足が速かったのよ」。日常的にこのように言われ続けては、子どもは参ってしまいます。ハイキャリアの親御さんの中には、大学は有名国立大学でないと認められないと考えている方もいます。有名私立大学に合格したくらいでは、喜んではくれないのです。

これが容姿に及ぶこともあります。いつも「綺麗」と言われている母親の場合、娘の容姿が自分の「基準」を超えていないと、それを残念に思うことがあります。そういった気持ちは敏感に子どもに伝わりますから、思春期になると、娘は派手な化粧をし始めたり、逆に極端に容姿に対して無頓着になったりします。

子どもが求めているのは、「私みたくなれるようにがんばりなさい」というプレッシャーではなく、「ありのままでいいよ」というメッセージです。ありのままの存在を認めることで、「認められているから、がんばろう」と、安心してその能力を伸ばすことができるようになるものなのです。

娘は自分の分身ではない

母親と娘の関係が近い家庭では、母親が自分の自己肯定感の欠如を娘で補おうとしているのではないかと感じることもあります。

子育てが楽しく、生きがいを感じているのであればいいのですが、なかには夫から強く専業主婦になることを求められた、という方もいます(共働きが増えていますが、現在でもこのような話は実際にあるのです)。

そのような方は、自分の娘をまるで分身のように扱ってしまうことがあります。「私はキャリアを諦めてしまったけど、この子には負けてほしくない!」と、子ども以上に受験勉強に没頭したりするのです。娘はそもそも「母の期待に応えたい」という気持ちを強く持っているものですから、このような過剰な期待は、娘にとっては大きな重荷です。

『女の子の「自己肯定感」を高める育て方: 思春期の接し方が子どもの人生を左右する!』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

やっと期待に応えて中学受験を終えても、大学、就職、よき伴侶、孫……と母親の期待はとどまるところを知りません。これでは、誰の人生かわからなくなってしまいます。

娘は、お母さんの分身ではありませんし、お母さんが期待する人生を歩む義務もありません。このような母親に必要なのは、もっと自分を大切にすることです。夫のために、子どものためにではなく、自分のために何かを始めてください。

いきなり大きな目標を立てるのではなく、スモールステップで小さなことからスタートしましょう。まったく自分の時間がなかった方なら、まずはその時間を確保する。何かお稽古を始めてもいいですし、資格の勉強をするのでもいいですね。母親がイキイキとしていれば、そのエネルギーは娘にも伝わります。母親が自分の人生を生きてはじめて、娘も自分の足で歩むことができるようになるのです。

(構成:黒坂真由子)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • フランスから日本を語る
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。