アマゾン「売れているビジネス書」ランキング

「アウトプット大全」がまたも1位をキープ

今週も『アウトプット大全』が1位をキープしました(画像:studiojh / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、11月11日~17日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『アウトプット大全』が安定の1位をキープ

今週(11月11日~17日)の1位は、『学びを結果に変えるアウトプット大全』(樺沢紫苑著、サンクチュアリ出版)だった。もはや1位が「定位置」となっている本書だが、いまだ人気が衰えず、安定した売上を保っているという。

『学びを結果に変えるアウトプット大全』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2位には『日本が売られる』(堤未果著、幻冬舎)がランクインした。アマゾンによると、1オーダーで10冊以上買った人が2人いたことが影響した模様だという。

3位には、西野亮廣氏の新刊『新世界』(KADOKAWA)が初登場でランクインした。11月16日が発売日だったこと、およびAbemaTV「ニシノコンサル」で紹介されたことが影響した模様だ。

今週は、東洋経済オンラインでも人気連載「地方創生のリアル」を持つ木下斉氏の新刊『地元がヤバい…と思ったら読む 凡人のための地域再生入門』(ダイヤモンド社)が初登場で12位にランクインした。連載の最新回「地方が『妬み地獄』から脱出する4つの行動」の影響が見られたという。

次ページ以降、200位までのランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT