アマゾン「売れているビジネス書」ランキング

先週300位台から2冊がベストテン入り!

1位は変わらず『アウトプット大全』でした(画像:tomos / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、11月4日~10日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

前週300位台から2冊がベストテン入り

今週(11月4日~10日)の1位は、『学びを結果に変えるアウトプット大全』(樺沢紫苑著、サンクチュアリ出版)だった。前々週に2位に後退したがすぐに1位に舞い戻り、今週も1位をキープした。いまだ人気が衰えず、安定した売上を保っているという。

『学びを結果に変えるアウトプット大全』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2位には『年収1億円になる人の習慣』(山下誠司著、ダイヤモンド社)がランクインした。前週91位からの大幅ランクアップは、TBS「林先生が驚く初耳学!」で紹介されたことが影響したと思われる。

3位には『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』(トム・ラス著、日本経済新聞出版社)がランクインした。アマゾンによると、1オーダーで複数冊購入している人が複数人いたことが影響したとのことだ。

ザ・コピーライティング』が前週322位から7位に急上昇したが、要因は不明だという。『イオンを創った女』(東海友和、プレジデント社)も前週343位から9位にランクアップしているが、これはPRESIDENT Onlineに掲載された記事の影響だという。

次ページ以降、199位までの200冊ランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT