アマゾン「売れているビジネス書」ランキング

先週300位台から2冊がベストテン入り!

1位は変わらず『アウトプット大全』でした(画像:tomos / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、11月4日~10日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

前週300位台から2冊がベストテン入り

今週(11月4日~10日)の1位は、『学びを結果に変えるアウトプット大全』(樺沢紫苑著、サンクチュアリ出版)だった。前々週に2位に後退したがすぐに1位に舞い戻り、今週も1位をキープした。いまだ人気が衰えず、安定した売上を保っているという。

『学びを結果に変えるアウトプット大全』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2位には『年収1億円になる人の習慣』(山下誠司著、ダイヤモンド社)がランクインした。前週91位からの大幅ランクアップは、TBS「林先生が驚く初耳学!」で紹介されたことが影響したと思われる。

3位には『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』(トム・ラス著、日本経済新聞出版社)がランクインした。アマゾンによると、1オーダーで複数冊購入している人が複数人いたことが影響したとのことだ。

ザ・コピーライティング』が前週322位から7位に急上昇したが、要因は不明だという。『イオンを創った女』(東海友和、プレジデント社)も前週343位から9位にランクアップしているが、これはPRESIDENT Onlineに掲載された記事の影響だという。

次ページ以降、199位までの200冊ランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT