アマゾン「売れているビジネス書」ランキング

上位3冊のうち2冊が「テレビの影響」で急上昇

『アウトプット大全』が1位に返り咲きました(画像:xiangtao / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、10月28日~11月3日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

上位3冊のうち、2冊がテレビの影響か

今週(10月28日~11月3日)の1位は、『学びを結果に変えるアウトプット大全』(樺沢紫苑著、サンクチュアリ出版)だった。前週2位に後退したが、1週で1位に舞い戻った。いまだ人気が衰えず、安定した売上を保っているという。

『学びを結果に変えるアウトプット大全』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2位には『現代語訳 論語と算盤』(渋沢栄一著、筑摩書房)がランクインした。先日のプロ野球ドラフト会議で4球団競合の末、中日が交渉権を獲得した大阪桐蔭・根尾昂選手の「愛読書」としてフジテレビ『報道プライムサンデー』などで紹介されたことが影響した模様だ。

3位には『破天荒フェニックス オンデーズ再生物語』(田中修治著、幻冬舎)がランクインした。TBS『王様のブランチ』で特集されたことで、11月3日に注文が集まったという。

次ページ以降、200位までのランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。