アマゾン「売れているビジネス書」ランキング

「日本が売られる」が初の1位を獲得

著者テレビ出演の影響で、『日本が売られる』が1位に輝きました(画像:pearlinheart / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、11月18日~24日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『日本が売られる』が1位を奪取

今週(11月18日~24日)のランキングでは、『アウトプット大全』の牙城を破り、先週2位の『日本が売られる』(堤未果著、幻冬舎)が1位を奪取した。テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」に著者が出演し、注文が集まった模様だ。

『日本が売られる』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

2位には、先週まで1位が「定位置」だった『学びを結果に変えるアウトプット大全』(樺沢紫苑著、サンクチュアリ出版)が入った。いまだ人気が衰えていないといい、来週以降の順位が注目される。

3位には、先週に引き続き西野亮廣氏の新刊『新世界』(KADOKAWA)がランクインした。発売日以降、継続的に注文が集まっているという。

前週105位から一気に5位につけたのが、『武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50』(山口周著、KADOKAWA)だ。NHK『おはよう日本』で紹介されたことが影響したという。

次ページ以降、197位までの200冊ランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • コロナウイルスの恐怖
  • 小幡績の視点
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。