スタバが徹底的にこだわる「特別な店」の正体

限られた場所に「リザーブ」を展開する理由

石黒さんが作った「ラテアート」(筆者撮影)

ブラックエプロンがそろうとあって、時には業界関係者らしき人も訪れる。「サイフォンの際にかき混ぜる『2回目の撹拌は何秒ですか?』といった専門的な質問も受けます」(北森さん)。よほどのマニアでないかぎり、店でいれているプロ以外に出てこない質問だろう。

アルコールの訴求と課題

この店にはアルコールメニューも少しある。「コーヒー スティープ ビール」(900円)は、アルトビールにコーヒー豆を浸透させたオリジナルドリンクだ。夜23時までの営業時間も含めて、カフェバー需要を喚起するように思えたが、「あくまでもコーヒーメニューの延長線上で、コーヒーの楽しみ方を提案するドリンクです」(同社)という。

「カフェバー」から「カフェ」に業態を戻した競合店からは、「アルコールメニューを提供すると、お客さまから『つまみになるメニューはないのか』と聞かれ、対応するとフードメニューの仕込みが大変になった」という話を聞いたことがある。「リザーブ」もつまみメニューは充実しておらず、あくまでもカフェ業態を貫く。

ちなみにアメリカ国内では「スターバックス イブニングス」という店を一時展開。ビールやワインを提供したこともあるが、2017年早々に終了した。夜間の来店客が思うように増えなかったのが理由だと聞く。アメリカ系企業の中には、消費者の視線が厳しい(ある意味で細かい)日本市場を「ラーニングマーケット」(学習する市場)と位置づける会社もあるが、スターバックスは発祥地であるアメリカで実験店を試すことが多い。

次ページ「ノマド作業」がしにくい空間
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT