成長が続くスタバが「営業減益」になった理由

日本最大のカフェチェーンはどこに向かうか

売上高で日本最大のカフェチェーンになったスターバックス コーヒー ジャパン。業績は苦戦しているのか、意思ある踊り場なのか(撮影:今井康一)

上場廃止から2年余り。売上高で日本最大のカフェチェーンにのし上がったスターバックス コーヒー ジャパンの業績はどうなったのか。

同社は昨年と同じ12月13日、日本経済新聞朝刊に決算公告を掲載した。2016年10月~2017年9月期決算は、売上高1709億円(前期比6.4%増)と増収ながら、営業利益143億円(同4.2%減)で減益の着地だった。純利益については法人税の負担が減ったことで、86億円(前期比11.9%増)と過去最高を更新した。

既存店は好調に推移

上場廃止になったものの、スタバは律義に決算公告を掲載している(記者撮影)

店舗数は9月末で直営店が1218店、空港やサービスエリアなど特殊立地向けのライセンス店を含めると1304店に達した(2016年末は1212店)。

スタバは、1995年に米スタバ本社と日本のサザビーリーグが折半出資する形で設立し、2001年にナスダック・ジャパン市場(当時)に上場。その後、米本社が完全子会社化を決め、2015年3月に上場廃止になり、現在に至る。

直近決算で注目すべきは1700億円に達した売上高の規模だ。同社はここ数年、年間80店規模の出店を続けながらも、「既存店は引き続き好調」(会社側)という。主力商品である氷菓飲料フラペチーノの売れ行きが順調のようだ。1店舗当たりの売上高は年間約1.4億円とマクドナルド(1.65億円)には届かないもののドトールコーヒーやコメダ珈琲を大きく突き放す。

次ページスタバの成長も限界?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。