子どもの「英語力」をグッとあげる教材は何か

それぞれ使い方にポイントがある

お母さんは「内容が面白いようで何度も同じCDを聞いています。ギリシア神話なんて本では読まないけれど、CDを聞いて知ったということですね。『トム・ソーヤ』は夏にはまって、その中の英語のセリフを言っていましたね。それもとてもタイミングよく、その場に合った英語が口からでてきたので驚きました」と、Sくんが無理せず、楽しみながら英語を耳にしている様子を話してくれました。

何度も聞かないと発語することはできませんから、何度も聞くことのできる良質の教材を選ぶことは重要です。子どもだからといって「この程度でいい」のではなく、「子どもだからこそ良質のものを」と考えて、英語音声教材を選びたいものです。

Sくんのように聞いた英語が口から出ても、それを継続的な英語の学びにつなげるには、やはり聞いた英語をやり取りする場が必要でしょう。母語でも耳から聞いた言葉を使ってみて、相手が理解してくれて、言葉のやり取りが生まれるからこそ習得につながっていきます。やり取りをする相手も必要です。上記のような教材を通じて英語を覚えたからといって、街で見かけた外国人の方にいきなり話しかけられるかといえば、子どもの場合はそうはいきません。

目的を大人が明確にする必要がある

なので、学校の授業や英語教室など、日本人の子ども同士でやり取りができるような環境が必要になります。英語の教室に通う場合は、こうしたことが活発に実現できる教室を選びたいものです。

英語を学ぶ教材をみてきましたが、実際にどのような英語を子どもに身につけさせたいのかを、まずは大人が明確にする必要があります。「学校英語のテストでいい点数を取りたい」「入学試験で苦労しないようにしたい」「実際に英語を使ってコミュニケーションしたい」「将来仕事で使える英語を身につけたい」などと目的はさまざまでしょう。

しかし、これからの日本の子どもには、自主的に英語を学ぶ態度、長く学び続けられる実力や英語の知識だけでなく、異文化を理解する態度、人とコミュニケーションできる英語を身につけさせたいと思います。

「この方法で何年たったら英語が話せるようになります」といった宣伝文句は信用できません。人間によって言葉の学びには差があるのです。これからの未来を生きる子どもが英語を学ぶ「はじめの一歩」に、どのような教材を選んだらいいのか。大人はじっくりと検討する必要があります。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • コロナショックの大波紋
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界揺るがす地雷原<br>コロナ経済危機の5大論点

欧米で新型コロナウイルスの感染が拡大し、世界経済はマヒ状態に陥る寸前です。米国の信用不安、原油価格急落に欧州医療危機……。世界はどんな地雷を踏みかねないのか、5つの論点で識者に見立てを聞きました。